明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

マルクスの視点に立って現代社会を見つめ直そう

大黒 岳彦 大黒 岳彦 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【29】

カール・マルクス『資本論 マルクス=エンゲルス全集版』(岡崎次郎訳・国民文庫・1972年〈全9冊〉)

『資本論』は、近代資本主義社会の経済的運動法則を徹底的に解明し、世界史に大きな影響を与えたマルクスの不朽の名著です。

私の師匠は廣松渉という新左翼系のマルクス主義哲学者でしたが、私自身はいわゆる政治的な活動家というわけではありません。

ただ、不勉強で不見識な人が“マルクスはもう終わった”となどと発言するのを聞くと、まともに読んだこともないくせに知った風な口をきくな!と半畳を入れたくなります。

確かにソ連型社会主義や中国型社会主義は破綻していると思いますが、それとマルクスの原理的な主張は別です。すべてを一緒くたにして否定するのは学者のとる態度ではないと思います。

ビットコインを研究していても“これはマルクスだな”と思うことがありますが、『資本論』を読んでいるとハッと気づくことがたくさんあります。読むとインスパイアされる本です。

依然として資本主義は続いており、『資本論』が解明したメカニズムはいまなお健在です。時代が変わっても古典の地位を失わない本書を通して、新たな知見が養われることを期待します。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.8.9

自分を活かせるライフワークを見つけよう

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 小松 義明
自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.7.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
信念を貫くことにも自覚的であろう

2022.7.21

信念を貫くことにも自覚的であろう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

2022.7.14

目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

2022.7.7

属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 石津 寿恵

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事