明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

重大な危機を乗り切る知恵と術を学び取ろう

明治大学 政治経済学部 准教授 小早川 周司

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【5】

ベン・バーナンキ『危機と決断(上・下)』(小此木潔監訳・角川書店・2015年)

本書は、米連邦準備制度理事会(FRB)議長として、2008年以降の金融危機を乗り越えたベン・バーナンキ氏の回顧録です。金融危機を巡っては、日本も90年代に大変苦しみましたし、アメリカも2008年のリーマン・ショックをきっかけとした世界的な金融危機を克服する過程で大変な思いをしました。歴史を紐解けば17世紀のオランダにおけるチューリップ・バブルや18世紀のイギリスにおける南海泡沫事件など、バブルは形を変えて発生し、はじけるということを何度も繰り返してきました。そうした場面で政策当局としてどのように対応すべきか、本書から学ぶべきレッスンがあると思います。

もちろん2008年当時は、FRBの政策対応について批判的な意見も聞かれました。ただ、この本を読むと、明日にはどこかが破綻する、週明けにはアメリカを代表するような金融機関がとんでもない事態に陥るなど、危機が時々刻々と深刻さの度合いを増していく中で、「どうにかして危機を克服しなくてはならない」という強い信念のもと、次々と新しい政策手段なり対応策を編み出していった知恵と決断というのは、中央銀行マンだけでなく一般社会人にとっても得るべきものが多いように感じます。

日本語の立派な翻訳が出ていますが、もし英語に抵抗がなければ原文(The Courage to Act)で読むとより臨場感が伝わってきます。日本語と英語の両方を読み比べてみるのもおすすめです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

2019.7.18

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

2019.7.11

生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

2019.7.5

#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦
わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

2019.7.4

わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
#3 自己組織化は経済に応用できる?

2019.7.2

#3 自己組織化は経済に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム