明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ワーク・エンゲージメントが低いと、メンタルヘルスの悪化を招きやすくなる。

最近、働く人のメンタルヘルスの悪化が問題視されています。うつ病になったり、会社に行くことができなくなったり、最悪の場合、自殺してしまうことも。データで見ると、働く人のメンタルヘルスの悪化は年々増えているのがわかります。そこに、長時間労働は悪というイメージが結びつき、長時間労働だからメンタルヘルスが悪化すると、短絡的に捉えてしまう傾向があります。しかし、労働に関するこれまでの研究によると、労働時間の増加とメンタルヘルスの悪化に直接的な関係があることは、実証されていません。もちろん、労働時間が長く、睡眠時間や休息時間が充分にとれない状態では心身の不調は起きやすくなりますが、では、労働時間を短くすればメンタルヘルスの悪化は起きないかと言えば、決してそうではありません。メンタルヘルスを悪化させる要因は、労働時間よりも「仕事の負荷」なのです。すごく大変な仕事をさせられているとか、仕事が順調にいかない、仕事の終りが見えない、といったことが仕事を重荷と感じさせ、そこに長時間労働などが加わると、心身ともに疲れ果て、動くこともできないような状態になっていくのです。

実は、働く人の心の健康度を示す概念があります。ワーク・エンゲージメントと言い、仕事に対する「活力」、「熱意」、「没頭」の3つが充実している心理状態を指します。つまり、ワーク・エンゲージメントが高い人ほど、仕事に対してやり甲斐を感じ、イキイキとのめり込んでいるというわけです。このワーク・エンゲージメントを世界各国で比較した調査によると、なんと、日本は圧倒的に低いという結果が出たのです。つまり、いやいや仕事をしているような状態といえるでしょう。これでは仕事を重荷に感じ、メンタルヘルスが悪化するのも無理はありません。なぜ、日本人はワーク・エンゲージメントが低いのか、その原因と、それを防ぐ手立てはないのか。それを考えることが、長時間労働是正よりも喫緊の課題ではないかと、私は思います。

次回は、ワーク・エンゲージメントと長時間労働との関係について紹介します。

#1 長時間労働を是正すればすべてが上手くいく?
#2 ワーク・エンゲージメントって何?
#3 ワーク・エンゲージメントが高いのはどんな人?
#4 会社の工夫でワーク・エンゲージメントは高くなる?
#5 仕事時間が短くなったら何をする?#5 仕事時間が短くなったら何をする?
#6 長時間労働是正がダイバーシティの推進を生む?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.12.1

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

連載記事