明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 長時間労働を是正すればすべてが上手くいく?

牛尾 奈緒美 牛尾 奈緒美 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

長時間労働を是正すれば労働環境の問題が解決すると思うのは危険。

最近、労働者の過労死や自殺がマスコミなどで大きく取上げられ、その原因として長時間労働が問題視されて、それを是正しなければいけないという認識が広まっているように思われます。確かに、長時間労働によって睡眠不足が続けば、心身の健康を害することにつながるので、適切な休息を確保するという意味で長時間労働の是正は必要です。でも、長時間労働が悪の根源でこれさえ是正すれば、労働に関する様々な問題が解決されるように思われるのは、ちょっと危険ではないかと思っています。

そもそも、私たちはなぜ働くのでしょう。もちろん、収入を得ることは重要ですが、それだけでなく、自分の夢や目標をかなえたり能力を発揮したり、だれかとつながったり役に立つことであったり、自分の存在を認めてもらうことであったり、無数の理由があるのではないでしょうか。そうしたことがモチベーションとなり、私たちは仕事をするのだと思います。働くことの基本には、自分もみんなもハッピーになるということがあるはずです。では、長時間労働を是正することが、それをかなえることにつながるでしょうか。

実は、私が労働環境の調査をしていると、仕事を時間で区切るのはおかしい、と思っている従業員がいる会社があることがわかります。そうした従業員のいる会社と、過労死が起きてしまうような会社では、何が違うのか考えてみる必要があります。

次回は、働く人の心の健康について説明します。

#1 長時間労働を是正すればすべてが上手くいく?
#2 ワーク・エンゲージメントって何?
#3 ワーク・エンゲージメントが高いのはどんな人?
#4 会社の工夫でワーク・エンゲージメントは高くなる?
#5 仕事時間が短くなったら何をする?
#6 長時間労働是正がダイバーシティの推進を生む?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.12.1

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

連載記事