明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

堀田 秀吾
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

堀田 秀吾

明治大学 法学部 教授

専門
法言語学、言語コミュニケーション
略歴
1968年熊本県生まれ(埼玉県出身)
1999年シカゴ大学言語学部博士課程修了。Ph.D.。
2008年オズグッドホール・ロースクール博士課程単位取得退学。
2000年より立命館大学法学部助教授。
2008年明治大学法学部准教授。
2010年から現職。
2013年から2015年までハワイ大学ロースクール客員研究員。
元日本弁護士連合会裁判員実施本部外部学識委員。
近年は、言語学などの専門的知見をもとにコミュニケーションに関する一般書を多数執筆。
所属学会等
法と言語学会
法と心理学会
日本語用論学会
日本法社会学会
社会言語科学会
英語コーパス学会
主な著書等
  • (2012)『法と言語―法言語学へのいざない』 くろしお出版 (橋内武・堀田秀吾 共編)
  • (2011) Law in Japan, Law in the World. (Richard Powell, Syugo Hotta, Fathima Marikkar 共著)Tokyo: Asahi Press.
  • (2010)『法コンテキストの言語理論』 ひつじ書房(単著)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事