明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

矢野 健太郎
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

矢野 健太郎

明治大学 農学部 生命科学科 准教授

研究分野
応用ゲノム科学、バイオインフォマティクス、システムズ・バイオロジー
略歴
かずさDNA 研究所・研究員、東京大学・特任助教などを経て、2011 年より明治大学農学部准教授。博士(農学)京都大学。
著書・論文・メディア出演等
「The Tomato Genome Sequence Provides Insights into Fleshy Fruit Evolution.」 (Nature 485 : 635-641)、 2010年日本育種学会優秀発表賞受賞「イネの遺伝子発現ネットワーク構築」(濱田和輝、山本直樹、望月孝子、諏訪部圭太、倉田のり、矢野健太郎)、日本植物細胞分子生物学会2007年度学会賞(奨励賞) 「バイオインフォマティクスを用いた実用植物の遺伝情報データベース構築」 他多数

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.06.03

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.06.02

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.06.01

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム