明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

いのちを守り、生活を守る。 支援の心と、地震への備えを、いま。

中林 一樹 中林 一樹 明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員

仮設住宅は復興の拠点でありたい

 私は東日本大震災の被災地で、2012年から毎年復興に関する調査を行っています。そのなかで1.食生活が以前に戻ること、2.仕事や収入が回復すること、3.住宅再建の見通しが立つこと、4.街が復興していくこと、の4つのステップを経て被災者の「生活復興感」が高まることが分かってきました。

 食生活に関しては、仮設住宅での生活に移行するとき、自分で料理ができるように、周辺で食材が買える環境も必要になります。また仮設住宅の生活は自立ですから、被災者が収入を得るために、支援を必要としている人の実態を調べ、収入の道を確保することが急がれます。東日本大震災では、がれきの撤去作業に日当が支払われ、その収入で日々の生活をまかなうこともできました。新潟県中越地震では農道やあぜ道の修復などを被災者自身が行い、復興基金で賃金を払って、農業の復興と生活費の心配の両方が解消でき、回復を急ぐことができました。熊本もそうした事例に学んで、被災者の収入の道を確保することが重要です。

 住宅の再建と街の復興については熟慮が必要です。街に活断層がある以上、いつかまた地震は起きます。どうすれば安全と言えるのか、住宅にはどの程度の強度が必要か、議論し、地域の人の声もよく聞いて、当事者間で街づくりのイメージを一致させることが欠かせません。街づくりの方向が定まらなければ、結果的に住宅の再建も遅れます。
以上4つのステップをすみやかに動かしていくために、復興基金をぜひ立ち上げてほしいと思います。そして、被災地域に自由な裁量を与え、柔軟な対応を可能にする仕組みが望まれます。

社会・ライフの関連記事

建物の水からカーボンニュートラルを考える

2023.2.1

建物の水からカーボンニュートラルを考える

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 光永 威彦
ジェンダー格差の改善を阻むものとは

2022.12.14

ジェンダー格差の改善を阻むものとは

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 脇本 竜太郎
パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

2022.11.9

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

2022.11.2

コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一

新着記事

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

2023.02.02

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

2023.01.31

体内時計が教えてくれるアラーム

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

3

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

4

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

連載記事