明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

法律は「物語」からできている!?

小林 史明 小林 史明 明治大学 法学部 専任講師

人は誰でも平等という概念は、いまでは当たり前のことと思われています。一方で、人はひとりひとり能力も違えば、知識や経験も違います。それでも、一括りに平等と捉えることを前提に、民主主義国家の法は構築されてきました。そこには、私たちがそう思うように導く「物語」があるのです。

人をカテゴリ化することによって作られる「平等」

小林 史明 法はフィクションからできている、と言うと驚かれる方が多いと思います。法は、現実に則して適用される条文によって構成されている、と思われるからでしょう。

 でも、当然、人は能力も、知識も経験も、千差万別です。それが現実ですが、法はそれを、いわば均して、通常人とか合理的な人として一律に扱うことが前提になっているのです。

 例えば、スマホの契約をするとき、販売員に提示されたプランをすべて理解し、自分に最適な内容のものを選べる人もいれば、販売員の説明が理解できず、言われるままに契約する人もいます。

 でも、法律上は人は平等であり、取引きに当たって、自由に主体的に判断し、取引きをしたと扱われます。当然、成立した取引きに対する責任も負うことになるわけです。

 ところが、契約後にトラブルになるケースが続出し、社会問題化しました。そこで、契約の内容を理解し、判断しているのか、ひとつひとつチェックする規定が設けられるようになりました。これは、スマホだけでなく、金融商品などでもそうです。

 これは、消費者保護という観点からは良いことです。わかりやすくなりました。でも、いわば均しのレベルを下げたということで、チェックなどされなくても理解できる人にとってはうざったいことです。

 このように、法は、人々の千差万別な能力を区分、カテゴリ化して、なんらかの基準で平等と見なすというフィクションによってできているということです。

 法がこうした構造になっているのは、もちろん、人ひとりひとりの本当の能力を調べて、それに応じた対応で取引きしようとすれば、大変なコストと時間がかかるという現実があるからです。

 しかし、それにもまして大きいのは、なんらかの「平等」が良いことであると信じられていることです。人に対して、能力や個性に応じていちいち見方を変えるのではなく、みんな等しい人と見ることが正しいという価値観が、いまの私たちに普及しているからです。

 でも、それはなぜなのでしょう。

社会・ライフの関連記事

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.12.1

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 宮田 憲一
里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

2021.11.24

里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

  • 明治大学 農学部 教授
  • 倉本 宣
税制度の基本は公平感を保つこと

2021.10.27

税制度の基本は公平感を保つこと

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 鈴木 孝直
コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉

新着記事

2022.01.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

2021.12.23

様々な知識を掛け合わせ、新しいものを生み出そう

2021.12.22

法律は「物語」からできている!?

2021.12.16

自分を導いてくれる出会いを大切にしよう

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.12.22

法律は「物語」からできている!?

5

2022.01.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

リレーコラム