明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

宮川 渉 宮川 渉 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授

音楽は多様性があり、柔軟性があり、変化していくからこそ面白い

 実は、武満徹なども西洋音楽に対して違和感を抱くことがありました。例えば、彼は異なる2つのテーマの対立を特徴とする西洋音楽のソナタ形式は、東洋人の感性には合わないと言って、新たなアプローチを模索しています。

 また、映画音楽に取り組む際には、侍のシーンにオーケストラの音は違和感があると、尺八や琵琶などの音を取り入れたりもしています。

 武満以外にも日本の多くの音楽家が同様にこうした試みに取り組んでいます。逆に、フランスのドビュッシーなどは西洋音楽の枠組みから抜け出すことを目指して、日本の音楽やインドネシアの伝統音楽であるガムランなどに注目しています。

 つまり、音楽とは、やはり複数形で、普遍性をもたせることは難しいのかもしれません。逆に、音楽は多様性があり、柔軟性があり、変化していくからこそ面白いとも言えます。

 私自身も作曲を手がけていますが、その活動は旅に似ていると感じています。

 例えば、オーケストラの作曲をしているときは、オーケストラとはどういうものなのか、どういう演奏をしてきた歴史があるのか、そういったことを知ることが大切です。それは、ヴァイオリンのための作曲でも、尺八のための作曲においても同じです。

 それぞれの楽器の世界を知ることが大切であり、必要です。すると、その世界には、文化的な背景があったり、地理的な特徴があったり、時間軸の中で変遷することがあるなど、様々なことがわかってきます。それは、異なった世界を旅することにも似ています。

 また、映画や美術などの創作活動とコラボレーションすることもあります。すると、共同作業の中で、いままで未知だったことを教えてもらうことができます。それも、ひとつの旅のように感じられます。

 そうした旅が私自身の世界を広げ、豊かにしてくれるように思われます。

 今日、これまで音楽の創作に関わったことがない人でも、発達したICTやAI技術のサポートによって、比較的容易に作曲したり、演奏することなどができるようになっています。

 それは、多くの人の音楽に接する機会を増やし、それによってまた、新たな表現が生まれる可能性を高めていると思います。そういった意味では、とても面白い時代になっていると思われます。

 一方で、最新の技術を利用するだけでなく、その音楽がもつ独自の世界を旅することも、また、私たちの世界を広げることに繋がると思います。

 様々な技術が進んでも、音楽に対するそうした接し方も、これからも失われることはないでしょう。音楽が複数形であり続ける限り。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

2022.11.9

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

2022.11.2

コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一
ポストフェミニズムと言い切って良いの?

2022.10.19

ポストフェミニズムと言い切って良いの?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 大澤 舞
ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾
現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

2022.9.14

現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 本所 靖博

新着記事

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

人気記事ランキング

1

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事