明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ

小野 正弘 小野 正弘 明治大学 文学部 教授

毎年、年末になると、今年の流行語や新語、漢字が選ばれ、それに人々が注目し、話題になります。その言葉を見ていくと、その1年が振り返られるだけでなく、実は、日本語のもつ特性が見えてくるといいます。

重い出来事も軽妙に表現する流行語

小野 正弘 年末になると、「ユーキャン新語・流行語大賞」がマスコミなどで盛んに取り上げられ、多くの人が興味や関心をもつようになっています。その選考基準は「軽妙に世相をついた表現とニュアンス」とされていますが、確かに、選ばれた言葉を見ると「軽妙さ」を感じます。

 2018年の大賞は「そだねー」でした。例えば、日常の会話の中で、「これ、美味しいね」と言ったとき、「そうだね」と答えられるより、あの独特のアクセントで「そだねー」と言われると、言った方も言われた方も、あの言葉を使ったね、という感じで互いにニヤリとしたりします。「そだねー」に絶妙の軽さがあり、それによってコミュニケーションが円滑になるのです。

 このことは、人々が軽妙な出来事を求めている、ということではないだろうと思います。

 例えば、トップ10の中に「ご飯論法」があります。その意味するところは、ごまかし行為に対する批判です。しかも、国会での答弁に対するものなので、非常に重い意味合いであるといえます。

 しかし、「ご飯」という、食事を表す言葉の中でも卑近な表現に、「論法」という、ちょっと堅苦しい言葉を結びつけたことで、ある種の「軽さ」が生まれているのだと思います。

 例えば、「お前、それはイカサマだろ」と言うと、問い詰めているようなきつい表現になり、言った方も言われた方も殺気立つような感じになりますが、「また、ご飯論法を使ってぇ」などと言うと、言われた方は厳しく批判された感じがせず、「大目に見てよ。次はしっかりやるから」とでもいう会話になりそうです。

 つまり、重い出来事に対して厳しく批判するのではなく、それを軽妙な表現にして、コミュニケーションを円滑にする、そんな軽さが「ご飯論法」にはあるといえます。

 実は、「そだねー」を言い合ったカーリングの選手たちも、日本代表という重責の中でプレーしています。それでも、深刻になりすぎることなく、明るくポジティブにプレーできるように軽妙な表現を使った気持ちが、見ている私たちにも伝わったということなのかもしれません。

 そうした観点で見ていくと、「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に選ばれた言葉は、重い出来事や、きつく批判したいところを、ある種の軽妙さというオブラートで上手く包んだ表現であるものが多いことがわかります。いまの世相は、まさにそういった言葉、表現を求めているのだということを感じます。

社会・ライフの関連記事

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

2022.11.9

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

2022.11.2

コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一
ポストフェミニズムと言い切って良いの?

2022.10.19

ポストフェミニズムと言い切って良いの?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 大澤 舞
ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事