明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

グローバル化する憲法 ―求められる人権保障の多層的システム―

江島 晶子 江島 晶子 明治大学 法学部 教授

多層性の担い手

「多層的システム」というと、自分とは無関係な場所で、議員、裁判官、官僚が決めるというイメージに結び付くかもしれません。ですが、実は個人の中にも「多層性」を見出すことは可能です。あるいは、個人が多層性の実現を媒介することがあります。戦後、GHQ民生局の一員として日本国憲法の起草に参加し、24条の原案を書いたベアテ・シロタ・ゴードンという人がいます。彼女はウィーンに住むユダヤ人家庭に生まれ、キエフ生まれのピアニストの父が東京音楽学校(現在の藝大)に招聘されたことよって少女時代を戦前の日本で暮らし、アメリカ留学中に日米開戦となり、戦後、GHQの通訳として日本に戻ってきました。日本語のコミュニケーション能力、日本在住の経験を買われて起草メンバーに抜擢されたのですが、当時の東京で入手しうる世界の憲法をかき集め、自分が実際に見てきた日本女性の状況を一例一例思い浮かべながら、その改善のことだけを考え、だからこそできるだけ具体的な条項を書こうとしたといいます(婚外子差別の撤廃も含まれていましたが、憲法は簡潔であるべきとして削除されてしまいます)。これは、彼女に、ウィーン生まれのユダヤ人、アメリカ人、日本人(アメリカ留学の際に自分が半分以上日本人になっていることに気がついたと述懐しています)という多層的・多元的な視点・経験があったことが活かされた例といえないでしょうか。

宙(そら)から日本を見る

もしも憲法が国際人権条約と接合されたならば、憲法の役割はさらに広がります。そうすれば、憲法は「宙」になぞらえることができます。宙とは、空であり、空間であり、そして過去・現在・未来へとつながっていく無限の時間のことです。すなわち、今の日本の政府を「空」からチェックするルールとして(これが伝統的憲法の役割でした)、この地球という「空間」を共有する人々の間で平和を維持するルールとして、そして、「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」(憲法97条)を過去、現在、そして将来へと引き継いでいくルールとして、というわけです。

※掲載内容は2014年2月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.8.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任講師
  • 菊地 一樹
幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事