明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

明治大学 文学部 専任講師 清水 有子

2018年6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されました。江戸時代の厳しい禁教政策の下でも信仰を守った人々がいたことが評価されたのですが、一方で、現代の日本人の多くが無宗教だといいます。なぜなのか。潜伏キリシタンの歴史を辿っていくと、そこに現代日本人の問題点が見えてきます。

世界文化遺産に認められた「潜伏キリシタン」

清水 有子 長崎と天草地方の世界文化遺産の登録名を聞いて、疑問に思った人は多いのではないでしょうか。日本人にとって、異国情緒や美術的な美しさを感じさせる「長崎の教会群」ではなく、「潜伏キリシタン」の関連遺産が登録されたというのはどういうことか、と。

 そもそも「潜伏キリシタン」とはなにか?「隠れキリシタン」とは違うのか?と思った人も多いと思います。

 実は以前から、研究上では、江戸幕府の禁教下でキリスト教信仰を子孫に継承した人々のことを「潜伏キリシタン」、明治になり、一応、解禁状態になってもカトリックに戻らず、自分たちが受け継いできた潜伏信仰をそのまま続けた人たちのことを「隠れキリシタン」と、明確に区別しています。

 もっとも、「隠れキリシタン」は、明治以降、もう隠れて信仰を続けたわけではないので、「カクレキリシタン」とカタカナ表記をする場合もあります。

 今回、ユネスコは「長崎の教会群」ではなく、約250年間という世界史上でも他に類をみない長期間の厳しい禁教下でも、信仰を継承した潜伏キリシタンという存在を重視し、日本のキリスト教の独自性を評価したということです。

 では、なぜ日本自ら、潜伏キリシタンの存在を積極的にアピールしてこなかったのか。それは、潜伏キリシタンたちは、自分たちがキリスト教徒であるという自覚を失っていたのではないか、という研究があるからです。

 長い潜伏の間に、神道や仏教などとの混交、いわゆるシンクレティズムが起こり、正統的なカトリック信仰ではなくなっていた、という指摘です。

 確かに、地域によってはシンクレティズムが起きたと考えられますが、明治維新が起こる3年前の1865年、外国人のために建てられた大浦天主堂で、宣教師ベルナール・プティジャンに、自ら信徒であることを打ち明けに来た浦上地域の潜伏キリシタンの人々の信仰状況は異なっていた、と私は考えています。

社会・ライフの関連記事

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2019.4.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 菅野 博貢
人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

2019.4.3

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 大高 研道
日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.1.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 山部 俊文
物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 松尾 卓摩

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

2019.03.20

外国人労働者受け入れ拡大の成功には教育の力が必要!!

人気記事ランキング

1

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム