明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「改正・個人情報保護法」から、個人情報のビッグデータ化が本格化する

佐々木 秀智 佐々木 秀智 明治大学 法学部 教授

市民や消費者の不信感を払拭していくことが大切

佐々木 秀智 改正個人情報保護法は、個人情報保護を強化した面と、利活用を促進する面があります。利活用に関しては「匿名加工情報」が中心となります。つまり、法律に則った手続きによって利活用されていれば、個人の情報やプライバシーが危険に晒されるという心配はほとんどありません。しかし、どんなにセキュリティを強化しても、個人情報が漏れる被害をゼロにすることは難しいでしょう。先にも述べたように、自治体や企業にとっては、被害を最小に抑えるためにも、危機管理の体制づくりや、担当者の教育に注力することは重要な課題です。また、企業などは、顧客から個人情報を取得する際、その管理や利活用に関する説明、また、注意書き等をわかりやすく提示することも大切です。市民や消費者の不信感をなくしていくことが、個人情報保護の過剰反応を払拭し、個人情報の正しい利活用の拡大につながっていくのです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子
熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

2022.3.23

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

  • 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)
  • 高倉 成男
国が「してくれないこと」はあきらめるしかないのか?

2022.3.4

国が「してくれないこと」はあきらめるしかないのか?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 清水 晶紀

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事