明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

阿部 芳郎 阿部 芳郎 明治大学 文学部 教授

縄文時代の社会を解き明かすためには学際的な研究が必要

阿部 芳郎
駿河台キャンパスアカデミーコモン地階にある大学博物館
 縄文人のこうした相互関係は、私たちが生きる社会の基盤にある貨幣経済の根幹となる等価交換のような仕組みでは説明できません。例えば、中里貝塚の周りから、その貝殻の量に匹敵する同等の価値のある交換物は見つかりません。また、翡翠やアスファルトなどが何百キロも離れた地域の遺跡から見つかることも決して珍しくはないのです。縄文時代は、特定の産地の物資が、真綿に水が染みこむように、流通しているのです。こうした相互関係を経済学的に説明するのは非常に難しいと思います。信頼や親ぼくが社会を支える仕組みであったのかもしれません。それは貨幣経済に内在する今日的な課題を抱えて生きる私たち現代人にとって、決して原始的で野蛮な制度であったと評価することもできないでしょう。今後も、人類と環境の関係を考え、その成果を社会に還元していくためには、異分野の視点や手法によって、新たな発見ができたように、学際的な研究が不可欠です。そのためには本学の理工学部や、他大学との連携など、様々な分野の研究組織が連携した学際的な取組みによる研究プロジェクトを、さらに進めていくことが重要になると考えています。

明治大学博物館
本学の考古学研究の成果は、本学のアカデミーコモンにある「明治大学博物館」にて展示されています。また、シンポジウムや特別展にて研究成果が発表されます。一般の方もご来館いただけます。詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.meiji.ac.jp/museum/

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.8.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任講師
  • 菊地 一樹
幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事