明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ダイバーシティの根幹に触れるヒューマンライブラリーの取組み

横田 雅弘 横田 雅弘 明治大学 国際日本学部 教授

最近、ダイバーシティ(Diversity:多様性)という言葉をよく耳にします。企業の間でもダイバーシティ・マネジメントが注目されているといいます。しかし、そのためにはどんな取組みが必要なのか。本学の横田ゼミが行っている「ヒューマンライブラリー」に、その答えのヒントがあります。

「異文化間教育」は「外国人」の問題だけではない

横田 雅弘 私の研究領域は、「異文化間教育」です。特に、海外からの留学生など、日本とは異なる文化をもって日本に来る人たちについて研究していました。その一環として、外国から来た人たちを支援するボランティア団体を1988年に立ち上げました。このボランティア団体には、学生や主婦など様々な人たちが参加してくれたのですが、男女間や世代間でコミュニケーションがあまり上手くいきませんでした。例えば、在職中に数々の海外赴任をしてきた、いわゆる国際人といわれる男性が退職後に参加してくれたのですが、団体で行っていた会計のやり方を「おばちゃんの家計簿」と揶揄したりするのです。これではメンバーの主婦の人たちと上手くいくはずがありません。国際人といいながら、地域社会で自分のできる範囲でがんばってくれている多様な方々の参加の仕方も理解してもらえないのか。そう考えると、異文化間教育とは、なにも外国人だけを関心領域にするものではないな、と思い始めました。

 そこで、私の前任校の授業で、一生のうちに一度も話す機会がないかもしれない人たちに会って話を聞き、その体験をワークショップで発表するという取り組みを始めました。例えば、ホームレスの人であるとか、ゲイの人、神父さんなどから話を聞いてくるのです。すると、ほとんどの学生が、事前に抱いていたイメージと、実際に会って聞いた話とではものすごいギャップがあり、ショックを受けたというのです。異文化間教育のテーマは「国際」だけでなく、私たちの周りに普通にある「文化際」的なものも含まれるのだと思うようになり、私の研究関心も広がりました。

社会・ライフの関連記事

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

2022.11.9

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

2022.11.2

コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一
ポストフェミニズムと言い切って良いの?

2022.10.19

ポストフェミニズムと言い切って良いの?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 大澤 舞
ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

3

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事