明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

SIMロック解除を機に考えたいリスク管理

新美 育文 新美 育文 明治大学 名誉教授(元法学部教授)

インターネット社会に対応する制度作りは“協働”から

新美 育文 私の海外の知り合いの中には、インターネットは産業革命以上の大革命だという認識をもっている人がいます。人類が20世紀まで築いてきた制度やルールでは、対処しきれない変革が起きているというわけです。日本にとっては、海外への扉が一気に開いた幕末の開国期に当てはまるかもしれません。しかも、パソコンやスマートフォンを使うことによって、私たち一人ひとりがそれぞれ世界に直結しているのです。従来は、サービスを提供する事業者とユーザーが一種の上下関係にあり、事業者が想定する範囲でユーザーはサービスを享受していましたが、インターネットの環境は従来の構造とは異なる状況を招いています。例えば、ユーザー自身が想定外のリスクに自ら陥ることや、事業者以上に知識と技術をもったユーザーが、悪意のある仕組みを作り、一般ユーザーを陥れることもあります。通信事業者も端末を提供するメーカーも、個々のユーザーの行動を想定も把握もしきれないのです。そのため、安全、安心な新たなシステムの構築や法制度の整備を急がなければいけない状況ですが、そのためのリーダーシップを誰もとれない状況になっているのです。

 つまり、20世紀までの制度に代わるシステムを考えるには、20世紀型のやり方では駄目だということです。“上意下達”式ではなく、まずは、国、通信事業者、メーカー、ユーザーがともに、どうすれば安全で安心な環境を構築できるか、議論し、協働できる新たな環境を構築する仕組みをつくることが急務だといえます。

IT・科学の関連記事

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事