明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

石田 祥子 石田 祥子 明治大学 理工学部 准教授

人間の可能性を引き出す折紙工学

 AIや自動運転などの技術の進歩により、ロボットやコンピュータが人に代わって仕事をするようになり、人間に求められる役割や能力は、いまもそしてこれからも日々変化していくと思います。同じ作業の繰り返しや知識の詰め込みでは、人間はロボットやコンピュータにかなうはずはなく、人間には新しいアイデアを生み出し、形にする創造力が求められます。そのとき力になるのが、人間には多様性があることです。ひとつのことを多様な視点から考え、世の中の変化に対しフレキシブルに対応できるということです。また、冒頭で述べたように、折紙工学にはひとつの体系があるわけではなく、様々な専門分野から様々な視点をもった人たちが独自の研究をし、協働して研究をする中で、新たな創造が生まれています。円筒の潰れるときのパターンから飲料缶を創造する人もいれば、防振器を創造しようとする私もいます。そういった意味で、自然界の形を再現しようとする日本人の試行錯誤から発展していったのであろう折紙を基礎とする折紙工学は、とても人間的で、人間の可能性を引き出す可能性に満ちた学問分野だと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎
あなたが見てるものは、実際のものではなく、錯視かもしれない

2022.4.6

あなたが見てるものは、実際のものではなく、錯視かもしれない

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 先端数理科学インスティテュート 研究特別教授
  • 杉原 厚吉
ダークウェブで暗号資産が通貨になっている理由を考えると…

2022.3.18

ダークウェブで暗号資産が通貨になっている理由を考えると…

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 土屋 陽一

新着記事

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事