明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

森川 嘉一郎 森川 嘉一郎 明治大学 国際日本学部 准教授

マンガを体系的に保存することの学術的意義

 そのような発展の結果として、日本のマンガは、日本の人々の価値観や生活の変化を、性別や年代ごとに、細やかに、かつ幅広く映し出す、類い希な記録としての側面を持つようになりました。たとえば、1960年代の少女は何に憧れていたのか。同年代の少年とは、あるいは10年後の70年代の少女とは、それぞれ見えている世界がどのように違っていたのか。その彼女らが80年代になって家庭を持つようになったとき、どのようなライフスタイルを指向するようになったのか。

 こうした観点からマンガを参照することによって可能になるのは、マンガ自体の史的研究にとどまりません。マンガの体系的な閲覧を可能にすれば、とりわけ戦後から現代にいたる日本の人々の変化に関する、肥沃な研究材料の採掘源になるわけです。本学が、大学としてマンガの専門図書館を設けた意義の一つが、そこにあります。

 この意義をひときわ大きくしているのは、マンガが従来、低俗なサブカルチャーともみなされてきたことから、日常的に幅広く読まれてきたものであるにも関わらず、体系性と一定の網羅性をもって収蔵している機関が極めて少なく、かつ学術研究の対象としても比較的新しいことです。研究者にとって、処女地がまだまだ残っている状態といえるでしょう。

 マンガの雑誌や単行本は国会図書館でも収蔵していますが、出版社が納本し損ねて欠本が目立つ雑誌が意外に多くあります。加えて単行本については、これはマンガに限らずですが、ごく一部の資料を除き、本の顔ともいえるカバーを省いて収蔵しているのです。このため、刊行時に書店でどのようなカバーイラストを目にして人々が手に取ったのかがわからず、原装の書影も撮れないという大きな問題があります。

 本学のマンガ図書館では、資料が提供された時に付いていたカバーやオビ、付録類を含めて保存しているだけでなく、バーコードラベルを貼ったり蔵書印を押したりせずに管理しており、一点一点が展示資料としても運用可能な状態に保たれています。

 また、国会図書館に納本されるのは書店流通する本や雑誌が中心で、1950年代から60年代初頭にかけて親しまれていた貸本屋専用のマンガ本や、1970年代後半以降マンガ・アニメ・ゲーム等文化の大きな基盤となっていったマンガ同人誌の収蔵は手薄です。そして貸本マンガと同人誌こそ、本学のマンガ図書館が充実している領域です。その意味においても、国会図書館と相補性の高い、貴重な蔵書を抱えているといえるでしょう。

国際の関連記事

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵
旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

2021.12.8

旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵
国宝の金印が偽物、ではないことがわかった

2021.11.10

国宝の金印が偽物、ではないことがわかった

  • 明治大学 文学部 教授
  • 石川 日出志

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事