明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

井田 正道 井田 正道 明治大学 政治経済学部 教授

移民の増加がアメリカ像を崩す!?

 私の教え子であるアメリカ人の白人学生が、レストランで従業員同士の会話でスペイン語を喋っているヒスパニック系の従業員に対して、「“あなたの英語のアクセント(なまり)はわからない”と言ってやった」と話していました。つまり、ヒスパニックに対して、“ここはアメリカだ、英語を喋れ”、とストレートにではなく、皮肉をこめて言ったというわけです。アメリカに来ても英語を話そうとしない移民が増えることは、アメリカ人の保守的な感情を刺激し、苛立たせます。こうした保守的な白人層は世代に関係なく、実に多いのです。そして、この苛立ちは、自分たちが抱いてきたアメリカ像が崩れていく危機感につながっていきます。アメリカは、日本やヨーロッパの国々と比べると特殊な国です。もともと多民族が集まって国を形成しましたが、英語を喋るという点で国家としてまとまり、活力ある社会を形成することによって経済のみならず様々な分野で世界のトップランナーになったという歴史をもっています。そのアメリカに、人種の多様化だけでなく、英語を喋らないアメリカ人が増えるということは、アメリカというものが根っこから崩れてしまうような、かなりの危機感を抱かせるのです。それは、共和党の予備選挙で、トランプ氏を支持した人の最重要イッシュー(issue:論争点)にも現れています。「移民」「経済・雇用」「テロ」「財政」のなかで、「移民」が60ポイントで最も高く、日本でトランプ支持者の理由としてよく語られる「経済・雇用」は、「テロ」と並んで42ポイントなのです。つまり、移民問題は、雇用を奪われる問題や犯罪の問題とは別に存在するのです。トランプ氏が「アメリカを再び偉大な国にする」というメッセージや反移民を訴えたとき、保守的なアメリカ人の心をがっちりつかんだのは、“特別な国”アメリカが衰退していくことに対する危機感に応えたからではないかと思います。

国際の関連記事

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
差別、格差、貧困の問題と、環境の問題は繋がっている

2022.11.16

差別、格差、貧困の問題と、環境の問題は繋がっている

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事