明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の先生が桃鉄をプレイしたら? 遊びと学びはつながっている

Meiji.net編集部 Meiji.net編集部 

202201_02_image1
(写真提供:朝日新聞社)

不朽の名作ゲーム『桃太郎電鉄(通称:桃鉄)』。
2020年には最新作「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」が発売されたことでも話題になりました。

『桃鉄』は、参加プレイヤーが電鉄会社の社長となり、すごろくで日本各地を回りながら、道中立ち寄った駅で物件や農林資源などを購入し、利益を上げて日本一の電鉄会社を目指すゲームです。各地で買える特産品や商業施設、観光施設などは、その土地の特徴を細かく反映していることでも有名で、日本の地理や歴史、物産、観光などを自然に学べるゲームとしても知られています。

では、その『桃鉄』を、各分野の専門家である“大学教授”がプレイすると、どんな気づきや学びが生まれるのでしょうか? 
そんな“むちゃぶり”に、勇気ある3人の先生が応えてくれました。ゲームを楽しみながら、登場する地域の物産や観光をめぐる驚きの情報から、企業の経営理論までたっぷり解説してもらいました。

激闘の模様はwithnewsからご覧ください。
https://withnews.jp/article/k0211223006qq000000000000000S00110101qq000024013A

202201_02_image2
『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』 KONAMI(©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment)

【ゲームに参加してもらった先生の記事】

■小野正弘 先生 
流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ
https://www.meiji.net/life/vol233_masahiro-ono

■宮田憲一 先生
企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ
https://www.meiji.net/life/vol363_kenichi-miyata

■佐藤郁 先生
インバウンドとアウトバウンドが逆転した日本が、 観光立国へ向けていますべきこと
https://www.meiji.net/international/vol95_iku-sato

202201_02_image3
最新のデジタル機器が配備された教室の大画面を使って『桃鉄』をプレイしました(写真提供:朝日新聞社)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

特集の関連記事

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.6.8

スマート社会の実現を私たちも考えよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 菊池 浩明

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事