明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

ヨーク・ジェームズ ヨーク・ジェームズ 明治大学 政治経済学部 専任講師

近年、若年層のゲーム中毒が問題視され、その対策として、ゲーム条例などを制定する地方自治体もあります。一方で、ゲームを教育や学習に導入しようという試みもあります。私たちは、ゲームをどう捉え、どう利用していけば良いのでしょう。

ゲームの教育利用にはハードルがある

ヨーク・ジェームズ そもそも、人はゲームが好きです。世界中のどんな民族も、遊びの中から様々なゲームを生み出してきました。近年では、ビデオゲームなど、デジタル機器を使った電子ゲームが世界中に普及しています。

 あるレポートでは、人口3億2700万人のアメリカで、2億1400万人がビデオゲームのプレイ経験があると報告しています。これは、日本やヨーロッパなどでも同じような状況だと思います。

 では、なぜ、人はゲームをしたがり、夢中になるのか。一説には、人はなにかを解いたり、課題をクリアしたりすると、快感や幸福を感じるホルモンが脳に分泌されるからだと言います。

 実生活では、本当に課題をクリアしたのかわかりづらいことが多いですが、ゲームでは、ボスキャラを倒したり、次のステージに進むことなどで、それが見える化されているため、快感や幸福感が得られやすくなっているのです。

 すると、長時間、ゲームに耽ってしまう人が現れるようになります。実際、WHO(世界保健機関)は、ゲーム中毒を病気のひとつとして定義しました。日本ではゲームを制限する条例が制定されたり、中国などでは法律によってゲームを制限する状況にもなっています。

 しかし、コロナによるパンデミックによって、いわゆる巣ごもりを余儀なくされると、WHOは、ストレスを軽減する娯楽としてゲームを推奨しました。

 このことは、ゲームが、人にとって毒にも薬にもなることを示していると思います。

 そこで、有用な活用のひとつとして、ゲームを教育に応用する試みが行われています。そもそも、ゲームの本質である、なにかを解いたり、課題をクリアすることとは、要は、学びということなのですから。

 しかし、特にデジタルゲームの教育への導入は、なかなか難しいです。ハードルは主に3つあります。

 まず、社会的な問題。これは、ゲームの毒の側面に偏った見方がなされることが多いからです。

 次に、金銭的な問題。ゲームをするには、そのための端末やソフトを購入したり、続けるためには課金が発生するゲームもあります。金銭的な負担が生じるわけです。

 もうひとつが、教育的な問題です。これは、社会的な問題とリンクしていて、教員がゲームにふれないことで、ゲームに対する理解がなく、ゲームをどのように利用したら良いか、そのやり方がわからないことです。つまり、教員にゲーム・リテラシーが不足していること。そして、ゲームを活用した授業法や授業案がなく、ゲームの活用についての研修もないことが原因なのです。

キャリア・教育の関連記事

理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

2022.5.13

理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 伊藤 貴昭
地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

2022.4.27

地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 出雲 明子
都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

2022.4.13

都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

  • 明治大学 農学部 教授
  • 岩﨑 泰永
文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

2022.1.26

文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 能地 克宜
使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本多 貴之

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事