明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

数学とは、課題解決の道具である

明治大学 総合数理学部 教授・学部長 砂田利一

離散幾何解析、ネットワーク研究の広がり

砂田利一教授 私自身が現在中心テーマにしているのは、離散幾何解析学という新しい分野であり、これは20世紀の後半から盛んに研究されるようになった大域解析のアイディアを離散的対象に適用するものである。すなわち、一見するとバラバラに存在しているかのように見える対象を、幾何学や解析学、さらには確率論や数論のアイディアを使って研究するものである。
ではこのような数学の研究がどのような現実と関連を持っているのだろうか。例えばネットワーク、代表的なのはインターネットに代表される情報通信ネットワークだが、社会や人体でさまざまなネットワークが形成されている。商取引、物流、神経回路網、いずれもネットワークと呼べるものである。私自身の関心は結晶構造のデザインにある。原子どうしが何らかの力で結ばれて結晶ができるのだが、まさに3次元のネットワークといえる。こうしたさまざまな対象に対して統一的な手法で対応できるところが数理科学の持っている力である。
数理科学の強みは、一見まったくことなる領域で始まった研究に幅広い応用対象があるという意味での汎用性を持っていることである。概して質の高い数学の研究は寿命が長く、2000年以上の歴史を持つ素数の研究がセキュリティに応用されたり、線形代数の定理が検索エンジンや産業連関に応用されているように、当初は適用する対象が見あたらなくても、いつか優れた問題解決の手段になる。そんな期待を持ちながら、数理科学の新しい姿を学生たちに、社会に提示していきたい。

※掲載内容は2013年6月時点の情報です。
>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.5.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

  • 明治大学 文学部 特任教授
  • 藤井 剛
「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.9.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 廣森 友人

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

人気記事ランキング

1

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム