明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

数学とは、課題解決の道具である

砂田利一 砂田利一 明治大学 総合数理学部 教授・学部長

離散幾何解析、ネットワーク研究の広がり

砂田利一教授 私自身が現在中心テーマにしているのは、離散幾何解析学という新しい分野であり、これは20世紀の後半から盛んに研究されるようになった大域解析のアイディアを離散的対象に適用するものである。すなわち、一見するとバラバラに存在しているかのように見える対象を、幾何学や解析学、さらには確率論や数論のアイディアを使って研究するものである。
ではこのような数学の研究がどのような現実と関連を持っているのだろうか。例えばネットワーク、代表的なのはインターネットに代表される情報通信ネットワークだが、社会や人体でさまざまなネットワークが形成されている。商取引、物流、神経回路網、いずれもネットワークと呼べるものである。私自身の関心は結晶構造のデザインにある。原子どうしが何らかの力で結ばれて結晶ができるのだが、まさに3次元のネットワークといえる。こうしたさまざまな対象に対して統一的な手法で対応できるところが数理科学の持っている力である。
数理科学の強みは、一見まったくことなる領域で始まった研究に幅広い応用対象があるという意味での汎用性を持っていることである。概して質の高い数学の研究は寿命が長く、2000年以上の歴史を持つ素数の研究がセキュリティに応用されたり、線形代数の定理が検索エンジンや産業連関に応用されているように、当初は適用する対象が見あたらなくても、いつか優れた問題解決の手段になる。そんな期待を持ちながら、数理科学の新しい姿を学生たちに、社会に提示していきたい。

※掲載内容は2013年6月時点の情報です。
>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.7.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎
「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 湯淺 幸代

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム