明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

数学とは、課題解決の道具である

砂田利一 砂田利一 明治大学 総合数理学部 教授・学部長

数学は特殊な学問ではない

砂田利一教授 数理科学、中でもコアとなる数学は、その分かりにくい性格もあって社会との関係が不鮮明になりがちである。また、数学というと、とかく純粋に学問研究の一分野と見なされ、他分野との結びつきも少ないと誤解されている。そのためもあってか、日本では数理科学への評価が低く、「忘れられた科学」などと揶揄されることすらある。しかし、今日、数理科学は科学技術の礎となっているのであって、数理科学の軽視は、技術立国日本の衰退に直結すると言っても過言ではないだろう。このような状況の中で、私たち数学者に課せられているミッションは、数理科学が社会で果たしている役割を明確化し、その可能性を追求することである。
高等学校の数学教師が生徒から「数学を学んで何になるのですか?」と質問され、「受験に役立つから」程度の答しかできなかったという話をよく聞く。確かに、日常生活に必要な算術はともかくとして、現状の数学は入学試験で重要な教科のひとつであることは確かで、かつ文系と理系を分ける「リトマス試験紙」のようになっている。しかし、一旦入学試験を離れて見てみると、自然科学、工学はもちろんのこと、経済、美術、生命、言語、思考など、数学はあらゆる分野に登場しているのである。

キャリア・教育の関連記事

哲学は現実離れしたもの?

2021.9.3

哲学は現実離れしたもの?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.7.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム