明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

青井 倫一 青井 倫一 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科長 教授(退任)

注目される血縁・地縁をベースにした経営体系

青井倫一教授 従来、企業経営においては米国流の市場ベースの経営が主流であり、ビジネススクールのカリキュラムにおいても同様であった。市場ベースの経営の大前提は資本市場に参加することであり、その上で株主資本利益率であるROEを高める、すなわち成長率を向上させ利益率を維持していくというものである。しかし、リーマンショック以降、ロバストネス(頑健性)に重きをおいたファミリービジネスという経営体系への関心が高まりつつある。ファミリービジネスとは、資本市場に重きを置かず、血縁・地縁をベースにした経営体系で、その多くは地域に根付いた中堅中小企業だ。「老舗」と称される企業も、ファミリービジネスが多い。
世界的にみて、経済・社会の基盤を支えているのがファミリービジネスである。ファミリーによって所有・経営されている企業は、世界の企業数の約70%を占めると言われている。ファミリービジネスが注目を集めたのは、ドイツの経営学者ハーマン・サイモンが1990年代に体系的な調査を行い、「hidden champions=隠れたチャンピオン」と呼ぶべき企業が多数ドイツ国内に存在していることを明らかにしたことによる。「隠れたチャンピオン」の多くは、中堅中小企業であり、同族経営、未上場、地方に基盤を持ち、社歴が長いことなどを指摘している。これはドイツのみならず、世界の先進国で同様のことが見出せるとしている。

ビジネスの関連記事

自社のあり方は自分たちが決める。それがパーパス

2022.10.12

自社のあり方は自分たちが決める。それがパーパス

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 古川 裕康
ESG投資はイノベーションを促す一歩になる

2022.10.5

ESG投資はイノベーションを促す一歩になる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 王 京穂
小売業を改革するのは、小売業の「ものづくり」!?

2022.9.30

小売業を改革するのは、小売業の「ものづくり」!?

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 戸田 裕美子
KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.8.5

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 小松 義明
補助金を巡る意識改革が必要

2022.7.6

補助金を巡る意識改革が必要

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 石津 寿恵

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

3

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事