明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

橋本 雅隆 橋本 雅隆 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

模索される仕組みづくり

橋本 雅隆 現在、物流危機の対策としていくつかの対策が試みられています。ヤマト運輸ではフィールドキャストといって、宅配需要の集中する時間帯に近隣の主婦を組織化して細かい配達をしてもらい、密度の高いネットワークを構築しています。不在対策としては、駅ナカ等に宅配ボックスを設置したり、コンビニ受け取りの指定をしたりといった対策が取られています。スマホを使って家庭以外の好きな場所で宅配貨物を受け取ることができるサービスが実験段階にあり、こうした配送トラックが将来は自動運転になるといわれています。宅配以外の物流では、物流センターにおけるトラックの荷受け・荷卸しの待ち時間を緩和するために予約システムを導入している例があります。幹線輸送では現在、大型トレーラーの隊列走行実験が行われており、また、鉄道の活用も推進されつつあります。海外では、港湾荷役のスピード・アップのために港に積み上げられたコンテナを上から順に降ろして、行先のトラックをネットで探す輸送マッチングの仕組みが稼働しています。これらの動きを見てみると、物流サービスの需要者と提供者を、ITを活用してリアルタイムにマッチングする仕組みが有効なようです。また、これらのサービスの過程をモニタリングしながら、状況の変化に応じて柔軟に対処したり、そこから得られる大量な情報を活用して精度の高い予測を行う仕組みも今後活用されるでしょう。

ビジネスの関連記事

自社のあり方は自分たちが決める。それがパーパス

2022.10.12

自社のあり方は自分たちが決める。それがパーパス

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 古川 裕康
ESG投資はイノベーションを促す一歩になる

2022.10.5

ESG投資はイノベーションを促す一歩になる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 王 京穂
小売業を改革するのは、小売業の「ものづくり」!?

2022.9.30

小売業を改革するのは、小売業の「ものづくり」!?

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 戸田 裕美子
KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.8.5

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 小松 義明
補助金を巡る意識改革が必要

2022.7.6

補助金を巡る意識改革が必要

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 石津 寿恵

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

3

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事