明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.24

東京・パリ、詩と映画の二都物語

 2009年に上梓させていただいた拙著『東京詩 藤村から宇多田まで』では、石川啄木、与謝野晶子から谷川俊太郎、宇多田ヒカルまで、東京をモチーフとした詩を通して、この100年間における東京の変遷を描いた。そして現在は、この『東京詩』とパラレルに位置するものとして仮に『パリ映画』と名付けたものを考えている。今度は21世紀の映画を通してパリを読み解いていこうという試みである。映画を用いる理由は、詩や小説だと、まだパリが神話的だった頃の話になってしまうこと、さまざまな世相や事象の反映が、映画の方が速いのではないかということだ。私は、21世紀のフランス語圏の縮図としてのパリ、いわば生身のパリの変遷を描いてみたかったのである。そして最終的には、一冊の本の中で東京とパリをぶつけて互いの特性を明らかにし、読み解いていきたいと考えている。(談)

掲載内容は2012年6月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和
明治大学の教養 Vol.20

2012.1.1

明治大学の教養 Vol.20

  • 明治大学 野生の科学研究所 所長
  • 中沢 新一

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム