明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.24

東京・パリ、詩と映画の二都物語

 2009年に上梓させていただいた拙著『東京詩 藤村から宇多田まで』では、石川啄木、与謝野晶子から谷川俊太郎、宇多田ヒカルまで、東京をモチーフとした詩を通して、この100年間における東京の変遷を描いた。そして現在は、この『東京詩』とパラレルに位置するものとして仮に『パリ映画』と名付けたものを考えている。今度は21世紀の映画を通してパリを読み解いていこうという試みである。映画を用いる理由は、詩や小説だと、まだパリが神話的だった頃の話になってしまうこと、さまざまな世相や事象の反映が、映画の方が速いのではないかということだ。私は、21世紀のフランス語圏の縮図としてのパリ、いわば生身のパリの変遷を描いてみたかったのである。そして最終的には、一冊の本の中で東京とパリをぶつけて互いの特性を明らかにし、読み解いていきたいと考えている。(談)

掲載内容は2012年6月時点の情報です。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

特集の関連記事

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.6.8

スマート社会の実現を私たちも考えよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 菊池 浩明

新着記事

2022.09.29

経験と経験を組み合わせ、突破口を見出そう

2022.09.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.09.22

時には立ち止まり、待つことをもっと意識しよう

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2022.09.15

人間力を高めて、魅力あふれる人を目指そう

人気記事ランキング

1

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.09.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

4

2015.06.01

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

5

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

連載記事