明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.23

母語・日本語の仕組みに魅せられて

 もともとは高校の英語教師を目指して教職免許を取得したのだが、アルバイトで家庭教師をしていたアメリカ人の小学生に「先生の日本語は“〜を([wo])”が[o]になったり“〜円([yen])”が[en]になったりして変だ」と言われ、僅か8歳の子供が日本語の異音を聞き分けて指摘したことに、大きく衝撃を受けた。それをきっかけに、大学院で日本語を研究するようになった。日本人向けの教養課程の講義でも、日頃当たり前のように使っている日本語を言語学的な観点から見直すことによって、学生に新たな“発見”をしてもらうことを意識している。関心の中心は「自然な日本語を成り立たせている日本語の仕組み」で、日本語母語者が接続表現を使ってどのように日本語の文・文章を構成するか、それが上級日本語学習者とどのように異なるかを研究している。その成果を日本語教育の教授法や教材開発に結びつけていきたいと考えている。(談)

掲載内容は2012年4月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和
明治大学の教養 Vol.20

2012.1.1

明治大学の教養 Vol.20

  • 明治大学 野生の科学研究所 所長
  • 中沢 新一

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

人気記事ランキング

1

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム