明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.19

マンガの国際比較は面白い

 子供の頃から浴びるようにマンガを読んできた。主に少女マンガ。それが何かの役に立つと考えたことはなかったが、依頼に応じて原稿を書くようになると、そこから女性の意識の変化が見渡せることに気がついた。海外に目を向けたのは10年ほど前。ヨーロッパで日本のマンガが爆発的なブームになっていることを知り、しかも同じヨーロッパでもその受容のされ方が国ごとに違い、もともとその国にあったマンガ文化のあり方と深く関係するということがわかって興味を持つようになった。ここ数年はヨーロッパ・アメリカ・アジア、各国を訪れてそれぞれのマンガ事情を探っている。ここでもキーになるのは少女マンガだ。欧米では、基本的にマンガは男性のものとされ、女性向けの作品はほとんどなかった。しかし日本のマンガが入っていくことでそれが変わり、現地の女性作家が次々と生まれている。互いに影響を与えあいながら変化していくマンガの国際研究はエキサイティングだ。(談)

掲載内容は2011年12月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

人気記事ランキング

1

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

4

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム