明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.17

あらゆる分野から行動のメカニズムを探る楽しみ

 これまで様々な分野にわたって社会心理学の研究を行ってきた。あるときは近年のメール文化の発達に注目し、文字情報と非言語情報の受け取り方の違いについて実験を行った。その結果、文字情報と違って非言語情報は認知バイアスを生み、否定的非言語情報は受け取られるが、肯定的非言語情報は受け取られにくい事が発見された。
 現在、新しく取り組んでいるのが、金融リスクの認知に関する研究である。金融リスクをチャンスと捉えるのか、損をする危険と捉えるのか、信頼できる人からの情報に従うのかで、投資行動が決まってくる。その人の認知−行動プロセスで、お金の持ち方・使い方に違いが生じ、そこからお金にまつわる人間の生き方が見えてくる。こうした人間のあらゆる行動のメカニズムを探るのが社会心理学の面白さであり、今後も様々な側面から社会心理学を通して人間の生きざまを探っていきたい。(談)

掲載内容は2011年10月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

5

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム