明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.16

パウル・ツェランから越境文学の深淵へ

 ゲーテを研究するために留学したドイツで、ユダヤ系詩人パウル・ツェランを知った。ツェランに惹かれたのは、非常に難解で痛々しく、読者を拒んでいるような詩であるが、その壁を越えた後に驚くほど豊穣で繊細な世界が広がるからだ。そこには読み解く喜びがあった。ツェランを深く知るため、彼の足跡のある12カ国60都市を訪れた。存命していた友人、知人にインタビューもした。その成果が『パウル・ツェランへの旅』となった。2冊目はツェランの人生そのものを辿り、3冊目の『パウル・ツェランとユダヤの傷』では、詩に織り込まれた膨大な引用を読み解くことで、「ユダヤ精神」というものに迫ることができた。しかしツェランの世界をさらに理解するためには、彼の詩の世界を形成しているドイツ・ユダヤ文学、更に、越境文学にまで視野を広げていかなければならない。今後はその宇宙のように広い世界に挑んでいくつもりである。(談)

掲載内容は2011年9月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.21

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

2018.11.07

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム