明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.14

時代は再び、フーコーを必要としている

 1980年代のポストモダニズムの潮流の中で、ミシェル・フーコーと出会った。フランス現代思想家の中でも、社会、権力、政治、経済という視点から分析をするフーコーの思想に惹かれたのである。大学卒業後、企業に勤めて抱いた社会への問題提起に一番必要としたのがフーコーだった。職を辞し、大学院で本格的にフーコーを研究し始めたが、彼の直感力、着眼点、分析の手法は、時代を超えて常に「現在」を独特の角度から切り取ることができるものと考えている。
 近年、そのようなフーコー的観点の影響かもしれないが、国家や組織、家族でもない人々の「連帯」に注目している。現代の特に保険やボランティアなどで一定のコンセンサスのもとに人々が連帯する構造に興味があり、21世紀には人はどのように連帯できるのか、「連帯の哲学」というテーマで掘り下げていきたいと思っている。(談)

掲載内容は2011年7月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

人気記事ランキング

1

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

3

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

4

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム