明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.14

時代は再び、フーコーを必要としている

 1980年代のポストモダニズムの潮流の中で、ミシェル・フーコーと出会った。フランス現代思想家の中でも、社会、権力、政治、経済という視点から分析をするフーコーの思想に惹かれたのである。大学卒業後、企業に勤めて抱いた社会への問題提起に一番必要としたのがフーコーだった。職を辞し、大学院で本格的にフーコーを研究し始めたが、彼の直感力、着眼点、分析の手法は、時代を超えて常に「現在」を独特の角度から切り取ることができるものと考えている。
 近年、そのようなフーコー的観点の影響かもしれないが、国家や組織、家族でもない人々の「連帯」に注目している。現代の特に保険やボランティアなどで一定のコンセンサスのもとに人々が連帯する構造に興味があり、21世紀には人はどのように連帯できるのか、「連帯の哲学」というテーマで掘り下げていきたいと思っている。(談)

掲載内容は2011年7月時点の情報です。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

特集の関連記事

朝日新聞2020年6月 掲載

2020.6.29

朝日新聞2020年6月 掲載

  • Meiji.net編集部
朝日新聞2019年5月 掲載

2020.6.29

朝日新聞2019年5月 掲載

  • Meiji.net編集部
日本経済新聞2020年3月 掲載

2020.4.15

日本経済新聞2020年3月 掲載

  • Meiji.net編集部

新着記事

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.09.07

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

人気記事ランキング

1

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

5

2018.06.06

グロテスクを含み、周囲を侵食する「かわいい」は、日本の美意識の…

リレーコラム