明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.10

非暴力の思想を後の世代に委託する

 E・M・フォースターの『インドへの道』を卒論のテーマにしたことが、近現代英文学を専攻するきっかけとなった。1992年に本学で在外研究の機会があり、欧州各地を訪れた。ベルギーでは有名な罌粟の群生を見ようとイーペルという町を訪れたが、ようやく見つけた罌粟の花が風で散った後に、第一次世界大戦の戦没者の夥しい数の墓標を視た。イーペルは激戦地だったのだ。この戦争では、多くの若者や詩人、文学者が軍隊に志願して命を失っていった。彼らや遺族の書いた詩や小説を読むにつれ、なぜ、彼らが自ら進んで戦場に身を投じていったのかという疑問を抱き、第一次世界大戦前後の英米文学が生涯の研究テーマになった。どのようにしたら人類が非暴力の思想を獲得し、受け継いでいけるのか。それを戦没者たちからの「委託」として受け継ぎ、自分たちより後の若い世代に伝えていきたい。(談)

掲載内容は2011年3月時点の情報です。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

特集の関連記事

朝日新聞2020年6月 掲載

2020.6.29

朝日新聞2020年6月 掲載

  • Meiji.net編集部
朝日新聞2019年5月 掲載

2020.6.29

朝日新聞2019年5月 掲載

  • Meiji.net編集部
日本経済新聞2020年3月 掲載

2020.4.15

日本経済新聞2020年3月 掲載

  • Meiji.net編集部

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム