明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.8

マニエリスムの時代が来た

 1970年代初頭、人文科学、特に美学・美術史の分野で「マニエリスム」というルネサンス後期の倒錯と逆説の美学の研究が流行したことがある。英米文学専攻だったはずの私はこれにのめりこみ、研究を続け、現在に至る。
 今一番興味を持っているのは、江戸中、後期の宝暦、明和(1750〜1770年代)の時代だ。この時代には伊藤若冲、円山応挙、平賀源内といった錚々たる人物が登場して、それまでの絵画とは全く異質の表現を持った作品を生んだ。まさにルネサンス後期以降、ヨーロッパを風靡した「マニエリスム」が、日本の江戸時代に開花したのだ。なぜそのような作品が生まれたのか、同時代のヨーロッパと比較しながら、理由を探るのが私のテーマとなっている。異質の情報や物を結びつけていく楽しみ。その到達点が「マニエリスム」で、今再びその時代が来ようとしている。(談)

掲載内容は2011年1月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

人気記事ランキング

1

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

4

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム