明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.4

「歌の始原」への旅を続けた20年

 古代文学と民俗学の研究を続けている中で、文献を読むだけで1300年以上前の文学を解釈できるのかと、限界を感じたのは37歳の時だった。書かれている内容を実感して理解したいと願うなかで、宮古島の狩俣の集落に伝わる祭祀と古代から伝わる叙事歌「神歌(かみうた)」を聞いた。以来20年間、祭祀が中断した後も、古老から「神歌」について聞くために毎年通い続けている。この「神歌」についてのフィールドワークで得られた実感をもって古代文学と向きあい、研究の限界を乗り越えることができたのだと思う。文献の研究と民俗学の研究は別々にされていることが多いが、それを融合することで真の作品の解釈が得られると考えている。狩俣の集落と出会って以来20年、私は叙事歌の原点を求めて「歌の始原」への旅をしているように思う。この旅の記録はまとめて近々発表したいと考えている。(談)

掲載内容は2010年9月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.06.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.06.05

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.05.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.05.15

流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ

人気記事ランキング

1

2019.06.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2019.06.05

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2018.08.01

「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム