明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.3

ラテンアメリカとアフリカに魅せられて

 ガルシア=マルケスの『百年の孤独』を大学時代に読んだのがきっかけで、ラテンアメリカに興味を持った。実際にラテンアメリカを訪れてみると、人間、文化、歴史、全てに強い衝撃を受け、文学より広い領域の分野を探求したいと思うようになる。特にブラジルでは、アフリカ系の黒人たちの大らかで人間性豊かな関係に出会って人生観が一変し、彼らの文化に深く魅せられた。以来、アフリカにも足を伸ばし、ラテンアメリカとアフリカの往復を続けることになる。そしてブラジルとアフリカの黒人の人間関係、社会が互いに大きく違うことに気づいた。やがて奴隷として世界中に散っていった黒人たちの文化、社会が、各地域でどのように変わっていったのか知りたくなり、いまではライフワークのようになった。その中で、まだ知られていないラテンアメリカの黒人文学を発掘し、紹介し続けたいと思っている。(談)

掲載内容は2010年8月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 大学院 理工学研究科 建築・都市学専攻総合芸術系教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム