明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

時代や民族を超えて共有される普遍性を見出そう

明治大学 野生の科学研究所 所長 中沢 新一

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【8】

クロード・レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』(川田順造訳・中央公論新社・1977年)

本書はフランスの文化人類学者であるクロード・レヴィ=ストロースが1930年代にブラジルの少数民族を訪ねた際の体験をまとめた紀行文です。未開民族の生活や文化を記録しながら、西洋文明とは何なのか、ある社会と他の社会を比較し優劣をつけることが可能なのかという思考を巡らせ、西洋中心主義を批判したことから大変話題を呼びました。構造主義のバイブル的存在である一方、暗喩に富んだ表現や詩的な文体によって記録文学としても高く評価されています。

人間の普遍とは何かということを追求した彼の姿勢は、現代社会においても重要であると捉えます。どのような時代になっていっても普遍的なものは変わらないのです。物の考え方を漂流させないためには、そこに錨を下ろしておく必要があります。

人間の根源と言える“野生の思考”に現代人も一度立ち返ってみるのも有効です。『悲しき熱帯』に描かれている世界と日本人は遠いところにいるわけではありません。一枚めくれば縄文人ともまた変わらないのです。長く続いてきた体制が崩壊と更新の時期を迎えようとしている今こそ、本書から多くを学ぶべき点があるのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#1 乳酸菌は伝統的な発酵食品の「影の主役」

2018.9.21

#1 乳酸菌は伝統的な発酵食品の「影の主役」

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 佐々木 泰子
多角的な視点を養い、自らの知識を広げていこう

2018.9.20

多角的な視点を養い、自らの知識を広げていこう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 木寺 元
#5 日本に民泊は定着する?

2018.9.11

#5 日本に民泊は定着する?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤井 秀登
#4 P2P型には、B2C型の民泊にはない魅力がある?

2018.9.7

#4 P2P型には、B2C型の民泊にはない魅力がある?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤井 秀登
現状を相対的に捉え、自分らしさを貫く勇気を持とう

2018.9.6

現状を相対的に捉え、自分らしさを貫く勇気を持とう

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 関根 宏朗

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

2018.08.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.08.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム