明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

幅広い分野から豊かな学識と想像力を身につけよう

明治大学 情報コミュニケーション学部 教授(2018年3月31日退職) 金子 邦彦

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

教授陣によるリレーコラム/私が考える「次世代リーダーに必要な力」【25】

2015年、文部科学省が国立大学に文系学部の見直しを求める通知を出すなど、情報化が進む現代では理系重視の傾向が強くなり、技術系の人が社会のリーダーを担うようになっています。

一方で、経済学者の佐和隆光氏の著書「経済学のすすめ」(岩波新書)では、このように文系を軽視しているいまの風潮は間違いだと述べています。また、アメリカの企業家たちも、理系の人間ほど人文社会科学への理解を持たないとまともな判断が行えないと同著は指摘しています。

世界では、理系も人文系も、ひとつの分野だけでなくほかの分野まで手を広げることが大切だという流れになっているのです。特にヨーロッパの社会では「哲学を語れない人間がなぜ社会のリーダーになり得るか」という考え方もあるぐらいです。若い人たちには幅広い知識に加え、先人の智恵を色々な形で勉強した上で、自分なりの想像力を発揮して欲しいと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

時代や民族を超えて共有される普遍性を見出そう

2018.9.13

時代や民族を超えて共有される普遍性を見出そう

  • 明治大学 野生の科学研究所 所長
  • 中沢 新一
#5 日本に民泊は定着する?

2018.9.11

#5 日本に民泊は定着する?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤井 秀登
#4 P2P型には、B2C型の民泊にはない魅力がある?

2018.9.7

#4 P2P型には、B2C型の民泊にはない魅力がある?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤井 秀登
現状を相対的に捉え、自分らしさを貫く勇気を持とう

2018.9.6

現状を相対的に捉え、自分らしさを貫く勇気を持とう

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 関根 宏朗
#3 民泊を規制する地方公共団体の条例は法律と対立する?

2018.9.4

#3 民泊を規制する地方公共団体の条例は法律と対立する?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤井 秀登

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

2018.08.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.08.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

5

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム