明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#6 長時間労働是正がダイバーシティの推進を生む?

明治大学 情報コミュニケーション学部 教授 牛尾 奈緒美

企業が強くなるために欠かせないダイバーシティ(多様性)。

政府が進める「働き方改革」には、日本の経済を強くするという意図があると思います。そのためには企業の業績の向上が不可欠ですが、少子化が進みマーケットがシュリンクする日本で、いままでと同じでは業績の向上は望めません。付加価値の高い商品やサービスを生み出していくことが必要不可欠でしょう。そのためには、硬直化した仕組みからでは難しく、多様な価値観や視点からの発想が重要です。その意味で、家庭や学校、地域とのつながりが太い女性の視点や多様な経験は貴重です。ところが、長時間労働の従業員ほど、頑張って働いている者、業績の高い者と評価する多くの企業では、性的役割分業によって子育てや家事を担っている女性は労働時間に制約があり、不利な立場に置かれやすくなっています。しかし、その社外の経験がこれからは重要なのです。これからの時代、女性に限らず、高齢者の介護など家庭の事情をもつ男性も増えてくるでしょう。若い人たちの就業観も変わってきています。そうした人たちが決められた時間内で能力を発揮できるように業務を設計し直し、また、それをきちんと評価する制度を導入していくことが企業には必要です。より多くの人が仕事に参加し、多様な意見を出し合う中で新しいものを生み出していく、そうしたダイバーシティの推進が企業には求められます。こうした意図の下に取組む長時間労働の是正であってこそ、従業員の仕事のやり甲斐、ワーク・エンゲージメントが高まり、それは一人ひとりの幸せにつながっていくものだと思います。

なぜ、長時間労働是正が必要なのか、その本質をしっかり見つめ、考えることが、いま、私たち一人ひとりに、そして企業にも求められていると思います。

#1 長時間労働を是正すればすべてが上手くいく?
#2 ワーク・エンゲージメントって何?
#3 ワーク・エンゲージメントが高いのはどんな人?
#4 会社の工夫でワーク・エンゲージメントは高くなる?
#5 仕事時間が短くなったら何をする?
#6 長時間労働是正がダイバーシティの推進を生む?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#4 虐待の影響は大人になっても続くの?

2018.4.24

#4 虐待の影響は大人になっても続くの?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 加藤 尚子
#3 夫婦間のDVも児童虐待になるの?

2018.4.20

#3 夫婦間のDVも児童虐待になるの?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 加藤 尚子
#2 何がしつけで、何が虐待?

2018.4.17

#2 何がしつけで、何が虐待?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 加藤 尚子
#1 児童虐待は親が悪いから起こる?

2018.4.13

#1 児童虐待は親が悪いから起こる?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 加藤 尚子

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.04.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.04.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

2018.04.11

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

2018.04.04

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

2018.03.28

仮想“通貨”が儲かるというのは、大きな誤解

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.04.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

3

2018.02.28

このままでは、日本は武器輸出大国になる!!

4

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

5

2018.04.11

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム