明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダー」に必要な力【11】

明治大学 国際日本学部 教授 小笠原 泰

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

孤独に耐えられる強い覚悟を持て

日本人には欧米で言うところの本来の意味でのリーダー観がないように感じます。一般に、リーダーの代表例といえば会社の社長が思い浮かべられがちですが、日本組織のピラミッドでは、社長は据え物と言えます。事が起きたら責任をとって辞めるだけで、権威はあるものの、あまり強いコントロールは発揮できません。実は、リーダーの資質は職位とは関係ないのです。マネージャーとは違います。欧米的なリーダーは権力(コントロールと権威)を持ち、環境そのものを変えてしまうので、日本ではおそらく受け入れられないでしょう。日本人は役割構造を重要視していて、それを壊されるのを嫌がるからです。日本では、組織の長に権力(コントロールと権威の両方)を持たせないことが生活の知恵のようです。

真のリーダーとは外部環境条件を受容させつつ、コントロールしようとする人間です。自己組織を形成し、人が自ずとついてくるような決断をします。ただしイエスマンばかりの取り巻きをつくったら終わりです。組織の硬直化を招きかねません。そのためリーダーは孤独に耐える必要があります。悪くも言われますし、辛いことが多く、並大抵でない決意が必要です。また、強いリーダーとともに歩むことは痛みを伴います。

環境を抜本的に変えることが求められる今の日本には、本当はリスクテイクの高いレベルと将来を見据えた揺るぎない覚悟を備えた人物こそが、リーダーとして求められています。その意味で、痛みを伴わない甘い公約をする政治家は、今求められるリーダーではないことを国民が強く認識することも、今後の日本社会の持続性を考える上では重要ではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#5 仕事時間が短くなったら何をする?

2017.12.12

#5 仕事時間が短くなったら何をする?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 牛尾 奈緒美
#4 会社の工夫でワーク・エンゲージメントは高くなる?

2017.12.8

#4 会社の工夫でワーク・エンゲージメントは高くなる?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 牛尾 奈緒美
私が考える「次世代リーダーに必要な力」【12】

2017.12.7

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【12】

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 齋藤 孝道
#3 ワーク・エンゲージメントが高いのはどんな人?

2017.12.5

#3 ワーク・エンゲージメントが高いのはどんな人?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 牛尾 奈緒美
#2 ワーク・エンゲージメントって何?

2017.12.1

#2 ワーク・エンゲージメントって何?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 牛尾 奈緒美

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

3

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム