明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#3 自分を印象づけるシグネチャーとは?

明治大学 国際日本学部 特任教授 中野 香織

シグネチャー・ファッションが上手な人には、強い個性と戦略がある。

自分らしさを効果的に印象づけるテクニックとして、シグネチャー・グルーミングがあります。いつも同じ髪型やスタイルで現れるのは、社会に自分の存在を認めさせるうえで、確かに有効です。有名なのは、映画化された小説「プラダを着た悪魔」のモデルといわれる「ヴォーグ」の編集長、アナ・ウィンターのボブカットとサングラスでしょうか。身近なところでは、日本の芸人さんなどもこのテクニックを使っている人が多いようです。

このテクニックを応用して、強い個性を逆に和らげた人もいます。イギリスの首相として有名なウィンストン・チャーチルは、一見するとその厳つい顔に似合わない水玉のボウタイをトレードマークにしていました。いわば、シグネチャー・ファッションです。彼は顔が厳ついだけでなく、毒舌家でもありましたが、水玉のボウタイには、その嫌みを和らげてユーモアに変える効果があったと思います。もし、チャーチルがボウタイではなく普通のネクタイをしていたら、あの厳つい顔から放たれる毒舌がストレートに突き刺さってしまい、相当に嫌な感じがしたかもしれません。つまり、シグネチャーを効果的に活かす人は、自分の軸をしっかりもっていて、それを社会にどうプレゼンテーションするかということを考え、戦略にしているのです。

最近では、カナダの首相のジャスティン・トルドーの靴下が注目の的です。ビシッと決めたスーツにドクロ柄の靴下とか、真っ赤な靴下とか。美しい言葉、美しい振る舞いのトルドーだからこそ、靴下の抵抗がオシャレになります。私は、これをエレガント・レジスタンスと名付けています。彼も自分の軸をもち、それを効果的に印象づける戦略をとっているのです。この靴下の抵抗を、ただ真似たからといって、誰もが様になるわけではありません。まずは、自分にしっかりとした軸をもち、そこから、その軸に相応しいシグネチャー(しるし)を考えてみることが大切です。

次回は、効果的に使えるプラスワン・アイテムについて紹介します。

#1 ファッションセンスを磨くには、どうしたら良いの?
#2 自分の欠点を隠す必要はない!?
#3 自分を印象づけるシグネチャーとは?
#4 プラスワン・アイテムの効果とは?
#5 日本のファッションの常識は世界の非常識?
#6 次に来るのは、モデスト・ファッション?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

家庭・生活の関連記事

#2 生命保険は損か得か?

2017.6.20

#2 生命保険は損か得か?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 中林 真理子
#1 保険は、保険会社が儲かるようにできている?

2017.6.16

#1 保険は、保険会社が儲かるようにできている?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 中林 真理子
#6 次に来るのは、モデスト・ファッション?

2017.5.26

#6 次に来るのは、モデスト・ファッション?

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 中野 香織
#5 日本のファッションの常識は世界の非常識?

2017.5.23

#5 日本のファッションの常識は世界の非常識?

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 中野 香織
#4 プラスワン・アイテムの効果とは?

2017.5.19

#4 プラスワン・アイテムの効果とは?

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 中野 香織

Meiji.netとは

新着記事

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.06.07

移民をスケープゴートにするトランプ政権に改革は期待できるか?

2017.06.01

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

2017.05.24

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

4

2016.11.16

少年法適用年齢、引き下げて大丈夫ですか?

5

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム