明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#3 トラブルの多くは、クーリング・オフで解決できる

明治大学 法学部 教授 川地 宏行

「クーリング・オフの期間」と「継続的なサービス」のトラブルについて。

私は、現在、東京都消費者被害救済委員会の委員を務めています。そこでの相談案件を踏まえ、注意すべき点をいくつかご紹介します。

●クーリング・オフ期間について。
皆さんは、クーリング・オフができる期間が8日間であることは知っているのですが、この期間がいつからスタートするのか正確には知らないようです。実は、必要事項がすべて正確に記載された書面が事業者から消費者に渡されたときからクーリング・オフ期間は始まるのです。ですから、契約に関する書面を渡されていなければ、そもそもクーリング・オフ期間自体が開始されていないので、クーリング・オフが半永久的にできることになります。さらに、契約に関する書面を渡された場合でも、書面の記載に不備がある場合はやはりクーリング・オフ期間の進行は開始されません。実は、悪徳業者の作成する契約に関する書面はいい加減なものが多いので、この点を指摘すれば、契約締結から8日以上経っていても、クーリング・オフができるのです。

●継続的なサービスでのトラブルについて。
継続的なサービスについては、特定商取引法でクーリング・オフや中途解約ができる業種が決められています。学習塾、家庭教師派遣、エステ、語学学校、パソコン教室、結婚相手紹介サービス、の6業種です。悪徳業者はそれを知っていて、例えば、やっていることはエステなのに、医療行為として施術しており、エステではなく医療契約だ、と主張することがあります。しかし、医療行為であれば、医師の常駐など、厳しい基準があります。違反していると業務の停止処分などを受けますから、その点を指摘すると、事業者は慌ててエステであることを認めます。エステであれば特定商取引法の対象となり、クーリング・オフや中途解約ができるようになります。

次回も、法律によって消費者を救済した事例について解説します。

#1 悪徳商法に泣き寝入りしない!消費者保護の法律を学ぼう!
#2 どんな悪徳商法も投網に掛ける消費者契約法
#3 トラブルの多くは、クーリング・オフで解決できる
#4 特定商取引法の対象外には消費者契約法を適用

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

家庭・生活の関連記事

#6 コラーゲンはやっぱり身体に効く?

2017.7.28

#6 コラーゲンはやっぱり身体に効く?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 浅賀宏昭
#5 トレハロースが人類の夢をかなえる?

2017.7.25

#5 トレハロースが人類の夢をかなえる?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 浅賀宏昭
#4 ビタミンEはたくさん摂れば効果も大きい?

2017.7.21

#4 ビタミンEはたくさん摂れば効果も大きい?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 浅賀宏昭
#3 カルニチンを摂ればやせられる?

2017.7.18

#3 カルニチンを摂ればやせられる?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 浅賀宏昭
#2 一般のスポーツドリンクに効果はある?

2017.7.14

#2 一般のスポーツドリンクに効果はある?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 浅賀宏昭

Meiji.netとは

新着記事

2017.08.09

多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

2017.08.02

フランス大統領選挙の結果、ポピュリズムは退けられたのか?

2017.07.26

「忖度する社会」、日本の特有性を理解することが重要

2017.07.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.07.12

農業では人自身がビッグデータ。その活用システム構築を目指す

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

4

2017.08.09

多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

5

2016.05.23

インバウンドとアウトバウンドが逆転した日本が、 観光立国へ向けて…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム