明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#6 子育ての悩みや不安の解決のために

明治大学 文学部 教授 伊藤 直樹

世の中の気になる出来事をピックアップし、明治大学の教授陣がその専門的な視点からみなさんへのアドバイスを連載形式でお届けするトレンドウォッチ。今回は教育の現場について取り上げます。しばしば現場では、特別な支援が必要な子どもたち、特に、発達障害のある子どもたちに対して、学校・保護者・専門家がどう向き合えばいいのかが議論されます。今回は臨床心理学・教育相談が専門の、明治大学文学部、伊藤 直樹教授にお話をお伺いしました。

子育ての悩みや不安の解決のために

子育ては誰でも初めは未経験です。自分自身の子育てや家庭の教育方針が正しいとは限りません。また、兄(姉)でうまくいったから、弟(妹)でも同じ方法がうまくいくとも限りません。自分の家と、他の家の子育てがどのように違うのか、あるいは、同じところはどこかなど、他の保護者との間で、自分の子育てを振り返ったり、見直したりできるような関係を作ってほしいものです。
そして、学校の先生とは、子どもに対する見方について、共通の視点を持てるとよいと思います。保護者が他の保護者や学校の先生の意見に耳を傾け、日々の生活を見直すことができれば、子どもが困難に出くわしたときに、自分の子育ての仕方が悪かったと一方的に自分を責めたり、逆に、いたずらに他の人のせいにしたりすることは減るでしょう。自分の子育てについて、オープンに人と話せるような姿勢を持つことがもっとも大切なことだろうと思います。

子育てに不安なことがある場合には、自治体が設置している公的な相談機関で相談することもできます。そこでは、専門の相談員が、子どもの成長や学校生活などに関する様々な悩みや不安について相談に当たっています。相談員は保護者の考えを大事にしながら、よりよい解決策を保護者と一緒に考えていきます。必要な場合には、心理検査や医療機関の紹介も行っています。自治体によって、「教育センター」、「子ども家庭支援センター」など名称が異なりますので、お住まいの区役所や市役所に問い合わせてみてください。

大切なのは、悩みや不安をひとりで抱え込まず、少しだけ勇気を出して一歩踏み出してみることです。

#1 特別な支援を必要とする子どもとは?
#2 学校はどのような取組みを行っているの?
#3 専門家が加わることで、子どもはどう変わる?
#4 友だち関係のつまずきから不登校になった中学生のAさんへのサポート
#5 LDについての理解が深まり、学ぶ意欲が高まった小学生のBさん
#6 子育ての悩みや不安の解決のために

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

家庭・生活の関連記事

#4 医療保険は必要不可欠?

2017.6.27

#4 医療保険は必要不可欠?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 中林 真理子
#3 火災保険では地震の被害は補償されないの?

2017.6.23

#3 火災保険では地震の被害は補償されないの?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 中林 真理子
#2 生命保険は損か得か?

2017.6.20

#2 生命保険は損か得か?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 中林 真理子
#1 保険は、保険会社が儲かるようにできている?

2017.6.16

#1 保険は、保険会社が儲かるようにできている?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 中林 真理子
#6 次に来るのは、モデスト・ファッション?

2017.5.26

#6 次に来るのは、モデスト・ファッション?

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 中野 香織

Meiji.netとは

新着記事

2017.06.28

裁判員制度は、実は司法の本質と相容れない!?

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.06.07

移民をスケープゴートにするトランプ政権に改革は期待できるか?

2017.06.01

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

4

2016.11.16

少年法適用年齢、引き下げて大丈夫ですか?

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム