明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

#2 学校はどのような取組みを行っているの?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 伊藤 直樹

世の中の気になる出来事をピックアップし、明治大学の教授陣がその専門的な視点からみなさんへのアドバイスを連載形式でお届けするトレンドウォッチ。今回は教育の現場について取り上げます。しばしば現場では、特別な支援が必要な子どもたち、特に、発達障害のある子どもたちに対して、学校・保護者・専門家がどう向き合えばいいのかが議論されます。今回は臨床心理学・教育相談が専門の、明治大学文学部、伊藤 直樹教授にお話をお伺いしました。

学校はどのような取組みを行っているの?

10数年ほど前に、特別な支援を必要とする児童生徒に関する大規模な調査が国によって行われました。その調査結果を基に、本格的な支援体制作りが始まりました。
地域や学校によって差はありますが、現在では、基本的にはどの学校も相談室を設け、スクールカウンセラー、発達支援アドバイザー、スクールソーシャルワーカーなどの専門家が相談や助言を行う体制を整えつつあります。
また、多くの学校では、発達障害のある子どもへの支援にとどまらず、いじめ、不登校、虐待の疑いのある子どもへの対応に関する研修を行っています。
学校の先生は、こうした問題への対応を教員の仕事として重要なものと考え、取組むようになっています。

子育てに関する悩みや不安があれば、保護者は、まずは担任に、可能であれば専門家にも相談してみましょう。学校の教育に対して要望があれば、学校側に率直に伝えるのが良いと思います。ただし、学校との間に良い協力関係を作ることが肝心です。
子どもが直面している課題を学校の責任として丸投げすることや、逆に、家庭の問題や家庭の教育方針として学校の働きかけを拒むことは、長期的な目で見ると、子どもの成長にとってマイナスに働きます。学校や担任との間で協力的な関係が築けるように、学校側に思いや要望を伝えていくことが大切です。

次回は、専門家の取組みとはどのようなものか、子どもの発達上の課題について家庭ではどのように対応したらよいのかを紹介します。

#1 特別な支援を必要とする子どもとは?
#2 学校はどのような取組みを行っているの?
#3 専門家が加わることで、子どもはどう変わる?
#4 友だち関係のつまずきから不登校になった中学生のAさんへのサポート
#5 LDについての理解が深まり、学ぶ意欲が高まった小学生のBさん
#6 子育ての悩みや不安の解決のために

プロフィール

伊藤 直樹

明治大学 文学部 教授

研究分野
臨床心理学・教育相談(思春期・青年期における学校での適応に関する研究)
研究テーマ
学校の中にある相談室の機能と役割についての考察から、より効果的な援助技法の開発を試みています。
【キーワード】思春期・青年期、学校、適応
主な著書・論文
  • 『教育臨床論—教師をめざす人のために』(編著・批評社・2009年)
  • 『生活リズムが乱れると何が問題か−睡眠リズムの乱れと心の成長・発達−』(児童心理・2015年6月号)
  • 『教育相談の視点から見た自閉症スペクトラムのある思春期・青年期の若者たちへの臨床的アプローチの課題』(自閉症スペクトラム研究,第10巻,1-10・2013年)
  • 『教育相談の視点から見た臨床心理学研究の動向と今後の課題』(教育心理学年報,第52集,77-89・2013年)

家庭・生活の関連記事

#6 子育ての悩みや不安の解決のために

2016.12.20

#6 子育ての悩みや不安の解決のために

  • 明治大学 文学部 教授
  • 伊藤 直樹
#3 専門家が加わることで、子どもはどう変わる?

2016.12.9

#3 専門家が加わることで、子どもはどう変わる?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 伊藤 直樹
#1 特別な支援を必要とする子どもとは?

2016.12.2

#1 特別な支援を必要とする子どもとは?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 伊藤 直樹

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年2月24日
【リバティアカデミー】2017年度春期講座の受講申込みを開始しました
2017年2月22日
2017年度入学式のお知らせ
2017年2月16日
仏大使館のコリオ文化参事官が来訪—留学促進、文化交流について意見交換
2017年2月15日
6県と「学生U・Iターン就職促進協定」を締結します
2017年2月10日
出陣式~就職活動直前セミナー~を開催しました
2017年2月09日
国際日本学部の留学生が中野区の観光ビデオに出演しました
2017年2月07日
明大生によるチーム「メイジスト」が日経TESTで1位を獲得
2017年2月23日
「倉橋由美子文学賞」「阿久悠作詞賞」の第8回受賞作が決定 2月28日、駿河台キャンパスで表彰式 ~課題曲提供の河口恭吾さんも出席し、大賞曲をお披露目~
2017年2月15日
国際日本学部 山脇ゼミ、中野区に住む外国人の家探し応援サイト「Living Together in Nakano」を立ち上げ
2017年2月10日
手技療法による痛みの軽減を 脳活動から評価する方法を開発
2017年2月09日
歴代りぼんの“ふろく”が大集結 「LOVE♥りぼん♥FUROKU」展を開催
2017年2月08日
情報コミュニケーション研究科フォーラム「日韓交流レクチャー公演」、2月24日に開催 ~韓国と日本の舞踊にみる“扇と布”~
2017年2月06日
離職中女性の復職応援イベント「『もう一度はたらく』を始めよう!」
2017年1月27日
【内藤ゼミ×南房総市】南房総市の魅力が詰まった物語本の出版に向けクラウドファンディングを実施中!
2017年2月23日
朝日新聞(2月23日朝刊)/「ヒト臓器 動物から作る」に、長嶋比呂志教授(農学部)のコメントが掲載されました
2017年2月23日
山形新聞(2月22日朝刊)/「解読×現代 欧米の概念『契約』浸透した?」に、重田園江教授(政治経済学部)のコメントが掲載されました
2017年2月23日
読売新聞(2月21日朝刊・大阪版)/凍結受精卵の無断移植についての記事に、石井美智子教授(法学部)のコメントが掲載されました
2017年2月23日
北海道新聞(2月20日朝刊)/「憲法はどこへ どう考えますか家族(5)」に、辻村みよ子教授(法科大学院)のコメントが掲載されました
2017年2月23日
AERA(2月20日号)/特集「地図の力 迷子の処方箋」に、藤田直晴教授(文学部)のコメントが掲載されました
2017年2月22日
直撃LIVEグッディ!(フジテレビ系列・2月22日放送)/東京都議会についての特集に、青山佾特任教授(ガバナンス研究科)が出演しました
2017年2月22日
サライ(2017年3月号)/特集「猫のことわざ」に、山口政信教授(法学部)による解説が掲載されました
2017年2月22日
2017年度入学式のお知らせ
2017年2月01日
【国際シンポジウム】New Directions in Pragmatic Research Synchronic and Diachronic Perspectives
2016年12月22日
2017年3月15日(水)に「鳥取国際メタンハイドレートフォーラム」を開催します。
2016年11月04日
第7回企画展 「『登戸』再発見—建物と地域から追う登戸研究所—」
2016年10月20日
2016年度卒業式のお知らせ

Meiji.netとは

新着記事

新聞広告連動企画「視点を変えてみれば、世の中もっと違うものが見えてくる」

著作権法と二次創作

日本に、オリンピック・ムーブメントは起きているか?

文化運動から捉え直す

「教育は唯一奪われないもの」パレスチナ難民の思いに応える

人気記事ランキング

1

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

加藤 久和

2

トランプ氏の勝利によって高まるhateの潮流にストップ!を

海野 素央

3

#3 次の世代を助けるために、高齢者にお願いする応能負担

加藤 久和

4

#2 少子化対策のための予算を増やそう!!

加藤 久和

5

#4 地方創生にも痛みがある 一人ひとりが痛みの覚悟をすべき時代

加藤 久和

Meiji.net注目キーワード

明治大学