明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

手塚 明

手塚 明

明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授

研究分野
法的紛争解決手続
研究テーマ
裁判官として、刑事事件及び少年事件を担当したほか、民事事件についても訴訟、執行、保全等の事件を担当した。現在は、弁護士として、当番弁護士・国選弁護人等を担当しているほか、各種の法的紛争解決手続(訴訟、調停、ADR、相談等)の活用法等を研究している。
主な著書・論文
  • 「共謀共同正犯における未必の故意に基づく共謀について」(『明治大学法科大学院論集』第13号、2013年)
  • 『交通事故の法律相談』(共著、青林書院、2012年)
  • 『新型・非典型後遺障害の評価』(共著、新日本法規出版、2005年)
  • 『実務不法行為法講義』(共著、民事法研究会、2012年)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

2018.08.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.08.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム