明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

加藤 彰彦

加藤 彰彦

明治大学 政治経済学部 准教授

略歴
早稲田大学政治経済学部卒業。同大学院文学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学。博士(文学)。早稲田大学助手、帝京大学専任講師などを経て、2004年より現職。専門は、比較社会学・家族人口学。
主な著書・論文
『家族の変容とジェンダー』(共著・日本評論社・2006年)、「少子化・人口減少の歴史的意味」(『比較家族史研究』・2010年)、「未婚化を推し進めてきた2つの力」(『人口問題研究』・2011年)、“A Quantitative Picture of Contemporary Japanese Families”(共著・東北大学出版会・2013年)など
所属学会
日本人口学会、日本家族社会学会、 比較家族史学会、国際社会学会(ISA)、国際人口学会(IUSSP)など

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.02.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

2018.02.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2018.02.07

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

2018.01.31

「ジェネレーションフリーの社会」の発想が、 年金制度の行き詰まりも打開する

2018.01.24

炎上CMも流行現象のひとつ。そこから見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2018.02.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2

2018.02.07

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

3

2018.02.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

4

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム