明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

国土の周辺から日本社会を見る地域が変わると、日本の社会が変わる。

  • 明治大学 商学部 教授
  • 中川 秀一

地域からの立地戦略

中川秀一教授 どのような産業が立地するかによって、地域はさまざまな影響を受ける。雇用はもちろんのこと、地域資源の利活用、土地利用をはじめとする周辺環境への影響など、地域経済や社会生活に大きな変化がもたらされることも少なくない。もちろん企業活動においても立地戦略は重要な位置を占めている。立地戦略は、人材確保や技術革新、コストなど、さまざまな要件に大きな影響を与えるためである。一方、地域に根ざした産業は、与えられた立地条件の中で新たな戦略の構築に迫られている。
 経済地理学は、地域政策、産業立地・配置、まちづくり・むらおこしなどの地域における実践的諸活動を直接研究対象とする分野である。つまり、経済現象を地域的な観点から分析する学問であり、中でも私がテーマにしているのは山村地域論である。山間の地域社会がどのように経済基盤を確立し、生活を維持・向上させることができるかを、現場での観察や調査(フィールドワーク)に基づいて研究している。

今、欠けているのは、ローカルの人の声に耳を傾けること

 災害は地域社会が置かれている問題を示唆している。伊豆大島の今回の台風による災害もその一例である。伊豆大島は台風だけでなく、火山の噴火もあり、地震も頻発している。島の人々は、1986年の三原山噴火のときには、島民同士が協力しあって避難することで、一人も死者が出なかったことを誇りにしている。日頃の防災訓練も熱心に行われており、いわば「防災の島」だったのだ。
 私は、しばしば学生たちとともに伊豆大島を訪れており、この夏も防災の町づくりをテーマに調査合宿を行った。3.11東日本大震災を受けて、大島町の防災課では、都の防災計画見直しへの対応に追われていた。地震と津波への対策を中心に走り回っていた。また、同時に家庭内に設置する防災無線の普及にも取り組んでいた。まちでは、いつも訪ねている椿油製造業者さんに話を聞いた。椿が利用されないと山の管理がおろそかになることを学生たちに分かりやすく話してくれた。そして、木の根が深く張らず、地崩れが起きやすくなっているのではないかと懸念していた。資源管理が十全ではない状況を知悉していたのだ。そこにやってきたのが近年稀にみる大型の台風だった。
 現地からみると、各種報道によって知らされていることとは異なる側面が見えてくる。自ら現地に足を運んで、そこで生活する人々の声に耳を傾け、彼らの立場に立って考えるという視点を持つことが、地域の活力を生み出し、さらには日本が元気になるために、求められていることなのではないだろうか。

今の学生には、日本の社会を変える力がある

 長年お世話になっている村が岐阜県にある。その村は6割ぐらいが高齢者の「限界集落」とも言われる状況にあるが、徐々にIターンの人が転入してきており、近年は立て続けに6人の子どもが生まれるベビーラッシュになっている。現在、Iターンの人たちが仕事をしている牧場は、もともとは市町村合併にともなってつくられた観光農場であった。しかし、県から委託を受けて経営をしていた他地域の企業が、儲からないので撤退してしまったという経緯がある。現在は、地元の人たちが出資して新たな会社を立ち上げ、牧場の再建に取り組んでいる。
 こうした村に学生たちを連れて行き、農業用水路の掃除を手伝ったりしながら村の様子を見守っている。今の学生たちは、引率しなくても、学生同士で声を掛け合って出かけるようになっている。子どもを対象とした山村留学の手伝いも行ってきたが、学生たちは社会人を対象にした山村留学ができないかと新たな模索をはじめている。こうした交流から、地元の人たちから、チェーンソーアートのめいじろう(明治大学公式キャラクター)を大学に贈れないかという提案をいただくなど、相互の交流は深まってきている。それを面白く感じ、楽しみ、理解できる学生たちが育つと、日本の社会は変わっていくと思う。学生たちを連れて国土の周辺をゆっくりと訪ねてみると、「あれがいい、これがいい」と新しいものを見つけ出していく。「大人の山村留学」のアイディアなど、こちらが「はっ」とさせられる発見があったりする。

内発的な力と、外的な力を組み合わせることで地域は振興する

中川秀一教授 地域の振興には地域資源を活かすことが重要である。地域資源というものを森林資源に限ることはないのだが、森林は日本では山間部のどこにでもある。うまく活用すれば広域的な資源管理を実現することができ、また生態系の保全にも結びつけることができる。最近関心が寄せられている、小規模分散型エネルギー社会を考える上でも、森林資源の利活用が、国土の周辺に位置する地域の経済や社会を大きく変える契機となり得るだろう。
 では、いかに地域資源を生かして、地域の振興を実現するか。その考察のためには、日本の地域構造を踏まえた上で地域の置かれた諸条件を議論することが欠かせない。同時に、地域の人々の内発的な営力を活かすものでなくてはならない。東日本大震災での被災地からは、地域の人々が自ら立ち上がろうとする取り組みが伝えられている。その力を支える支援のあり方が、被災地の将来に結びつくような構想力が求められている。

国としてのグランドデザインの中で、地域振興を考える

 現在、日本の文化・伝統を世界に発信する動きは活発だ。しかし、和食だけでなく、外国に紹介できるものはまだまだある。雪が大量に降って、どんなに山奥で人が住んでいても、自然は美しく、食べているものもすごく美味しい。外国人から見たらそれが面白いのではないか。
 大都市は社会全体への影響が大きいが、周辺の社会が変わると、日本の社会に変化が生まれ、これまでとは違うより住み良い社会になるのではないだろうか。一極集中ではなく、多極化が進行することで、周辺の社会から日本を見ていくことが可能になる。今、そういう契機が来ていると思う。
 しかし、国土の周辺にある地域が存続し得るかどうかは、差し迫った状況にある。学生たちには、海外に出かけるのも悪くはないが、自分の国の現在をもっと見てもらいたいと願っている。農山村の棚田の石垣の美しさは、そこで農耕が営まれていなければ、失われてしまうものだろう。しかし、日本農業の置かれた状況は、その存続を容易には許さない域に入っている。棚田が維持できなくなる状況を知って「残念だ」と感じることができるためには、棚田の美しさを理解していなければならない。すべての日本の農業集落が危ないわけではなく、多くの集落は存続する力を有している。今あるところが、どのような条件でこれからも存続が可能なのかという研究を進めていくことが重要だと思う。
 私は、地域資源の利活用の拡大を通じた、国土周辺の地域経済・社会文化を再構築する社会的な仕組みを作ることが求められていると思う。国土周辺からの展望によって、国土政策のあり方を考えることも重要な研究テーマであると考えている。

※掲載内容は2013年11月時点の情報です。

※M's Opinionの記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

プロフィール

中川 秀一

明治大学 商学部 教授

研究分野
経済地理学、人文地理学
研究テーマ
地域資源を活用した地域振興策に関する研究
主な著書・論文
  • 『現代日本の資源問題』(共著・古今書院・2012年)
  • 『山村政策の展開と山村の変容』(共著・原書房・2011年)
  • 『グローバル化に対抗する農林水産業』(共著・農林統計・2010年)など

人口・地域コミュニティの関連記事

20世紀の“忘れ物”が21世紀を生きるヒントになる

2017.1.25

20世紀の“忘れ物”が21世紀を生きるヒントになる

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鞍田 崇
人口減少は経済成長を促す要因にもなりうる

2016.11.24

人口減少は経済成長を促す要因にもなりうる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯田 泰之
高齢者支援問題を解決する地域コミュニティを創るには

2016.11.9

高齢者支援問題を解決する地域コミュニティを創るには

  • 明治大学 専門職大学院ガバナンス研究科 教授
  • 長畑 誠
少子化対策に最も有効なのは男女共同参画社会の形成

2016.7.19

少子化対策に最も有効なのは男女共同参画社会の形成

  • 明治大学 政治経済学部 教授
    明治大学付属明治高等学校・明治中学校 校長
  • 安藏 伸治

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年3月26日
2016年度明治大学卒業式を挙行しました
2017年3月24日
駐日米国臨時代理大使が明治大学に来校 —学生によるキャンパスツアーも実施
2017年3月24日
【理工学部】電気電子生命学科井家上哲史教授がフェローの称号を授与されました
2017年3月24日
【法学研究科】国立台湾大学法律学院との第3回研究交流会を実施しました。
2017年3月21日
JMOOC講座「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」(無料)の受講を受付け中
2017年3月17日
京王線明大前駅の列車接近メロディーが明治大学校歌に —3月25日(土)始発から—
2017年3月17日
校友会熊本県支部と明大マンドリン倶楽部が熊本地震被災地で復興支援の特別演奏会を開催
2017年3月24日
国際武器移転史研究所研究叢書2 榎本珠良編『国際政治史における軍縮と軍備管理』2017年3月刊行
2017年3月23日
明治大学出版会 『知の橋懸(がか)り-能と教育をめぐって』 『アメリカ分裂-数字から読みとく大統領選挙』 『阿久悠 詞と人生』を刊行
2017年3月21日
国際日本学部 新講義科目がスタート、 2017年度より社会連携科目を開講 ~中野区、企業等と連携し、学生の主体的な学びを後押し~
2017年3月21日
《ラグビーシンポジウム》「ラグビーW杯2019に向けて -歴史的勝利の裏側と新たなステージへ-」4月1日、駿河台キャンパスにて開催
2017年3月17日
—3月25日(土)始発からー京王線明大前駅の列車接近メロディーが明治大学校歌に! ~京王沿線で校歌の導入は初!~
2017年3月15日
-貴重な“発禁本”の書誌目録-『明治大学図書館所蔵 城市郎文庫目録』出版記者会見を実施。3月28日、駿河台キャンパスにて
2017年2月23日
「倉橋由美子文芸賞」「阿久悠作詞賞」の第8回受賞作が決定 2月28日、駿河台キャンパスで表彰式 ~課題曲提供の河口恭吾さんも出席し、大賞曲をお披露目~
2017年3月27日
ZIP!(日本テレビ系列・3月29日放送予定)/「なーるほどマスカレッジ」のコーナーで、宮下芳明教授(総合数理学部)・秋山耀さん(理工学研究科博士前期1年)が開発した、手書き図面で造形できる3Dプリンタが紹介される予定です
2017年3月24日
首都圏ネットワーク(3月23日放送・NHK)/特集「農業に最新技術 “復興の力に”」で、小沢聖特任教授(農場)のコメントが放送されました
2017年3月23日
読売新聞(3月23日朝刊)/山脇啓造ゼミナール(国際日本学部)が作成した、中野区の外国人の家探しを応援するウェブサイト「Living Together in Nakano」が紹介されました
2017年3月23日
毎日新聞(3月23日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
東京新聞(3月22日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
朝日新聞(3月22日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
北海道新聞(3月21日朝刊)/札幌市で行われた講演会「憲法はどこへ−家族を考える」についての記事に、鈴木賢教授(法学部)の講演内容が紹介されました
2017年2月24日
【リバティアカデミー2017年度開講オープン講座】ラグビーW杯2019に向けて—歴史的勝利の裏側と新たなステージへ—
2017年2月22日
2017年度入学式のお知らせ
2017年2月20日
【株式会社明大サポート寄付講座】「長期投資の時代 ~金融制度改革の行方~」
2017年2月20日
【明治大学連合駿台会寄付講座】「世界の目、日本の目」~記者43年、何を見たか~
2017年2月20日
【明治大学校友会寄付講座】「強い自分をつくるマネジメント」~今こそ問われる心の在り方~
2017年2月20日
【和泉キャンパス公開講座】「アメリカらしさ」とは何かについて考える ~銃規制からトランプ氏勝利まで~
2017年2月20日
【生田キャンパス公開講座】自律移動型ロボットとネットワークロボットの現在と未来

Meiji.netとは

新着記事

#2 どんな悪徳商法も投網に掛ける消費者契約法

#1 悪徳商法に泣き寝入りしない!消費者保護の法律を学ぼう!

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

コーポレート・ガバナンスと経営戦略との関係把握を目指して

人気記事ランキング

1

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

金 ゼンマ

2

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

加藤 久和

3

日本のものづくりの強みと弱み

富野 貴弘

4

アベノミクスを斬る ―「三本の矢」は的を射るか、日本経済は再生す…

田中 秀明

5

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

安藏 伸治

Meiji.net注目キーワード

明治大学