明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

アベノミクスと地方創生の中核企業 ―企業遺伝子経営のススメ―

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科長 教授
  • 吉村 孝司

2015年3月期の企業決算で最高利益や増配企業が相次ぎ、東京証券取引所の日経平均株価は15年ぶりの高水準となった。アベノミクスの成果の一つに違いないが、個々の企業努力も見逃せない。世界経済の潮流変化、技術革新に対応して、企業としての生き方・事業構造の変革に取り組んだ結果でもある。ただし、それができた企業とできない企業がある。何が違うのか。

できる会社とできない会社

吉村孝司教授 ――同業で同様の規模でも、企業の成績に優劣がはっきり分かれることがあります。この原因とはどこにあるとお考えですか?

たしかに、二つに分かれるケースをよく目にします。世の中にはイノベーションできる企業とそうでない企業があります。技術面でも経営面でも。同じ業種で隣り合って似たもの同士なのに、ある会社は革新的な技術を産み出し、やがて大きな成長を遂げ、もう一方はそれができない。また世の中には不祥事を起こす企業があります。大抵の企業は何かしら問題を起こしているだろうと思うかもしれませんが、実際に起こすのはごく少数の企業です。そして、不祥事を起こす企業は不思議と繰り返し起こします。ほとぼりの冷めた頃に同じようにやってしまう。隣の企業は、普通にやっていても決して不祥事を起こさない。「そんなことするくらいなら、潰れた方がいい」とまで言います。どこが違うのかと、個々の企業を調査した結果、企業遺伝子のようなものがあるのではないかという仮説に至りました。

有力企業の6割は「遺伝子がある」

企業遺伝子の存在グラフ ――企業の遺伝子というのは、どのようなものですか?

企業遺伝子というのは、詳しい分析と論理プロセスは省きますが、個々の企業が保有していて、企業のすべての従業員の価値基準や、思考基盤、行動指針として継承されているものと定義づけています。これが正の行動、プラスの経営行動として、例えばイノベーションや戦略的経営行動などがとれているか。また、マイナスの経営行動として、企業不祥事とか不正行動の動因、要因になるのではないかと捉えたわけです。
理屈やイメージで「企業遺伝子とはこういうもの」と言うだけでは説得力がないので、アンケートを実施しました。対象は、まず日経225、つまり東京証券取引所市場第1部に上場する企業のうち日経平均株価を構成する225社。日本を代表する有力企業です。その中には創業から100年前後(プラスマイナス10年)の会社が149社ありこれを「100年企業」、その他の76社を「日経225企業」とします。加えて、株式会社帝国データバンクが定義する「老舗企業」から選んだ128社。創業100年をゆうに超す企業ばかり、ここにもアンケートを行いました。
トータル353社のうち17%の60社から回答をいただきましたが、端的に言うと、「(貴社に)企業遺伝子というものがありますか?」という質問には、「ある」と明確に答えたところが43%、「どちらかと言うとある」と答えたのが19%で、全体の62%が何かしら企業遺伝子が”ある”というポジティブな回答になりました。「ない」とか、「どちらかと言うとない」というのは合わせて8%です。21%は「どちらとも言えない」でしたがハッキリとした結果になり、仮説が成り立つと考えました。(グラフ参照)

100年企業までは“理念先行”?

 ――各社が思っている自社の遺伝子とは、何を指しているのでしょうか?

これらの企業に、企業遺伝子は「具体的に何ですか?」と聞いたところ、100年未満の日経225企業は、経営理念や企業理念、社風、フィロソフィー、経営哲学といった抽象的なものが多かったのに対し、100年企業になってくると精神、スピリッツ、社是社訓、創業者の言葉、それから”○○人”、まさに自社を人格にたとえているようです。さらに、理念的・象徴的なものになっていくのですね。そして、老舗企業の場合も、ますます理念的なものになって行くかと思いきや、そうでもないのです。老舗ほど、自社商品そのものと答えてくれました。例えば、灘の酒造なら「酒」、味噌屋さんからも「味噌」という回答をいただきました。まるで酵母のDNAが企業遺伝子そのものというように。また、ここでも「創業者の言葉」というのはありましたが、目立ったのは「創業の地」という回答でした。明治大学でいえば神田駿河台みたいに”白雲なびく・・・”というイメージでしょうか(笑)。とにかく老舗企業ほど、理念より明確に具体化されたものをドンと打ち出してくるといった印象です。

理念を超えた「商品」や「土地」

吉村孝司教授 ――老舗企業となると、理念的なものよりも具体的なモノが大切ということですか?

そのあたりをもう少し調べたくて、愛知県岡崎の八丁味噌会社を訪問させていただきました。「八丁味噌」を名乗れる2社のうちの1社のご当主にお話を伺いましたが、ここの企業遺伝子は突き詰めれば、商品である「八丁味噌」ということになります。商品に対する注文は多く醸造蔵の見学ツアー客も大勢立ち寄って大変繁盛しておられます。しかし、当主ご本人は、必ずしも事業拡大は求めてなく、安定した事業を望んでおられます。また、創業から十数代を数える代々の家業ですが、今後の事業継承、経営の跡継ぎについて身内継承を必ずしも前提としないと言います。さらには、屋号や商標が時代に応じて変わっても構わないとさえおっしゃいます。そして、その上で「ただ一点譲れないのは、50年後100年後にも、同じこの場所で同じ味の味噌を造り続けていること」というのがご当主の言葉でした。必ずしも血筋でも理念でもない、商標ですらない。”モノ”そのものこそが、継承されるべき企業遺伝子であり、その情報はこの地で造るモノの中に組み込まれているというわけです。まさに、本業な何か。何を商売の基本にしているかを、大切に継承しているのです。
つまり、経営者にせよ従業員にせよ、特定一個人の能力や努力だけによるものではなく、誰かに代わっても、ちゃんとできる。一つの大きな点ではなく小さな点を繋げて線になるように連綿と繋がっていく。経営ノウハウとか経営手腕とかを超えたもっと深い部分に脈々と息づいているものがあり、こうしたいわば「遺伝子経営」をできる企業こそ強い企業と言えると考えます。そして、敢えて付言させてもらえば、こうした企業は基盤となる土地(地域)を大切にし、どちらかといえば多くは大都市より地方に立地しています。ここに、今日の課題である経済活性化と地方創生のカギがあるのではないでしょうか。

 ――地方創生を考える上で、示唆に富んだお話しをいただきました。本日は、ありがとうございました。

※掲載内容は2015年3月時点の情報です。

※M's Opinionの記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

プロフィール

吉村 孝司

明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科長 教授

研究分野
経営学
学位
博士(経営学)
主な著書・論文
  • 「日本企業の経営力創成と経営者・管理者教育」(共著・学文社・2014年)
  • 「講座経営教育2 経営者論」(共著・中央経済社・2009年)
  • 「経営管理会計ハンドブック」(共著・東京経済情報出版・2008年)
  • 「マネジメント基本全集別冊『マネジメント基本辞典』」(共著・学文社・2007年)
  • 「経営教育事典」(共著・学文社・2006年)
  • 「経営戦略」(編著・学文社・2006年)ほか多数

企業経営・組織の関連記事

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀
「東芝の不正会計」からガバナンスを再考する

2016.3.25

「東芝の不正会計」からガバナンスを再考する

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 小俣 光文
経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

2015.6.1

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

  • 明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 戸谷 圭子
ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

2014.12.1

ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科長 教授
  • 青井 倫一
現代就職の問題を斬る ―一元的な価値観にとらわれている学生と企業への提言―

2014.12.1

現代就職の問題を斬る ―一元的な価値観にとらわれている学生と企業への提言―

  • 明治大学 法学部 教授 明治大学サービス創新研究所 所長
  • 阪井 和男

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年5月22日
情報コミュニケーション学部は,富山県中新川郡立山町と教育事業に係る連携・協力に関する協定を締結しました
2017年5月19日
セーデルトーン大学(スウェーデン)から交流ミッションが来学しました
2017年5月18日
【経営学部】デュアルディグリー・プログラムによる学生派遣の開始について
2017年5月16日
本学が、ジャパン・ハウス サンパウロ(ブラジル)にマンガ本を寄贈
2017年5月16日
ブラジル日本商工会議所との連携・協力に関する覚書署名式を行いました
2017年5月16日
ニューヨークとブラジルにて、学長・副学長と紫紺会会員との交流会を開催しました
2017年5月16日
【高校教員対象】2017年度明治大学説明会参加申し込みについて
2017年5月24日
明治大学大学院 商学研究科 第13回学術セミナー「私立大学の公共性とガバナンス・会計・財政分析を考える」6月17日(土)、駿河台キャンパスで開催
2017年5月22日
明治大学震災復興支援センター、岩手県大船渡市と震災復興に関する協定の更新。5月30日(火)駿河台キャンパスで協定締結式実施
2017年5月19日
土屋恵一郎学長らがアントニオ・グテーレス国連事務総長を表敬訪問。難民を対象とする入学試験など明治大学の取り組みを報告
2017年5月18日
総合数理学部 渡邊恵太准教授が開発。IoTモーター『Webmo』脳活動計測装置に対応、脳の活動に基づきモーター制御を実現。BCI/BMI研究スターターキットを販売開始
2017年5月15日
第三回 日中雇用・労使関係シンポジウム ——非正規時代の労働問題—— 5月20・21日(土・日)駿河台キャンパスで開催
2017年5月11日
大学院を知ろう!大学院のオープンキャンパス「合同進学相談会」、5月27日(土)駿河台キャンパスで開催
2017年5月09日
災害時、あなたにできることを見つけよう!「allなかの防災ボランティア体験デー」 5月18日(木)、明治大学及び帝京平成大学中野キャンパスで開催
2017年5月24日
教育新聞(5月22日)/内藤朝雄准教授(文学部)による連載「学校の『あたりまえ』を考え直す(7) 日本の全体主義的な教育」が掲載されました
2017年5月24日
読売新聞(5月19日朝刊)/「論点スペシャル 『こども保険』どう考える」に、田中秀明教授(ガバナンス研究科)へのインタビュー記事が掲載されました
2017年5月24日
教育新聞(5月18日)/内藤朝雄准教授(文学部)による連載「学校の『あたりまえ』を考え直す(6) 全体主義は素直さ気にする」が掲載されました
2017年5月24日
地方行政(5月15日号)/山下茂教授(ガバナンス研究科)による記事「道州制論議拾遺(その5)」が掲載されました
2017年5月23日
ワールドビジネスサテライト(5月22日放送・テレビ東京系列)/「トレンドたまご」のコーナーで、加藤邦拓さん(先端数理科学研究科博士後期課程3年)が開発した「2次元のタッチ操作が可能な3Dオブジェクト」が紹介されました
2017年5月23日
日本経済新聞(5月22日朝刊)/「Women & Work」で、「女性のためのスマートキャリアプログラム」が紹介されました
2017年5月22日
福島民報(5月21日)/福島県郡山市で行われた清原聖子准教授(情報コミュニケーション学部)による講演「トランプ大統領と日本」の様子が紹介されました
2017年5月18日
コトバとカラダ~文芸の視覚化~
2017年5月18日
国際交流基金事業特別講演「Streetscape+Activities in Japan」開催のお知らせ
2017年5月18日
国際交流基金事業特別講演「Urban Code:Bangkok」開催のお知らせ
2017年5月17日
明治大学中央図書館の日本中世文学関係典籍 —毛利家旧蔵の歌書・連歌書を中心に—
2017年5月16日
国際日本学研究科 進学相談会(6/17)開催のお知らせ
2017年5月10日
【大学院 商学研究科】第13回学術セミナー「私立大学の公共性とガバナンス・会計・財政分析を考える」(6/17)を開催します
2017年5月10日
特別講義「新しい文学と新しそうな文学」(講師:諏訪哲史氏)開催

Meiji.netとは

新着記事

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

#5 日本のファッションの常識は世界の非常識?

#4 プラスワン・アイテムの効果とは?

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

#3 自分を印象づけるシグネチャーとは?

人気記事ランキング

1

#5 日本のファッションの常識は世界の非常識?

中野 香織

2

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

加藤 久和

3

#4 プラスワン・アイテムの効果とは?

中野 香織

4

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

安藏 伸治

5

#3 自分を印象づけるシグネチャーとは?

中野 香織

Meiji.net注目キーワード

明治大学