明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

女性が変える日本の未来 ―求められる女性が活躍できる企業組織―

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 牛尾 奈緒美

安倍政権が打ち出した「女性の活躍推進」

牛尾奈緒美教授 安倍政権は国の成長戦略を進める上で、「女性の活躍推進」を主要な課題として掲げている。私は、長年、企業組織における女性の能力発揮の問題に取り組んできたが、具体的施策に関しては議論の余地はあるものの、国として「女性の活躍推進」を掲げたことは評価したい。安倍総理が発信したことにより、企業組織において女性の活躍が重要であると捉え、議論する素地ができたこと、これは大きな前進と考えている。
「社会のあらゆる分野において、2020年までに、指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30%程度にする(2003年・男女共同参画推進本部決定)」、いわゆる「2020年30%」という数値目標の達成に向けて、国をあげた本格的な推進体制も整備されつつある。今国会(2014年・秋)での成立を目指している「女性活躍推進法(女性の職業生活における活躍の推進に関する推進案)」も、女性活躍のためのインフラ整備の一環である。こうした国の動きに応じて、各企業には独自の取り組みが求められている。具体的にはジェンダーの視点からの人材マネジメントの構築と、従来さまざまな組織で実践されてきた成功事例の集約と検証が必要とされている。

専業主婦から学究の道を目指したワケ

 私は大学卒業後、フジテレビでアナウンサーの仕事に就き、27歳で結婚・退職し、専業主婦となった。自ら望んでの選択ではあったものの、専業主婦となって実感したのは、一人の女性、個人というよりも「嫁いだ家の嫁」という自分の立ち位置だった。では、私とは一体何なのか、あるいはそれまでの自分のキャリアは何だったのか。専業主婦であることに、疑問や違和感を抱くようになった。そして考えたのは、家庭生活を大切にしつつ、社会で自分の能力を最大限に活かすことであり、それが、自由度が高く、自分の裁量で自立的に働き、専門性を獲得できる学究の道だったのである。
出産後に一念発起し大学院に入学し経営学を専攻。最終的には、家族社会学からアプローチした企業の人事制度、人材活用等を研究テーマとした。日本の家制度と雇用環境は多くの類似性があり、古い家制度が変化していく中、新しい雇用慣行の理念が求められていることにフォーカスしたもので、それは現在の研究テーマである「ジェンダーの枠を超えていく」ことに直結するものである。

日本企業の旧態依然とした価値観

 家制度における性別役割分担は企業組織にそのまま持ち込まれている。果たしてそれは健全といえるものなのかどうか。性別による役割分担は、人の自己実現や夢、幸せの追求を抑圧する可能性が少なくない。そしてその抑圧を被るのはほとんどが女性である。
現在、日本企業における女性の活躍状況は極めて限定的で、能力が十分に発揮できるような組織の枠組みにはなっていない。男女雇用機会均等法が施行されてからすでに30年近くになるが、採用、評価、登用、昇進、賃金などあらゆる側面で、女性は男性とは異なる対応が行われている現実がある。組織内には、目に見える差別とそうとは気付かずに自然に受け入れられてしまっている目に見えない差別があり、それらを包括的に取り除くことは大きな困難を要することだ。家族内のジェンダーや日本社会全体に浸透しているジェンダー、組織内のジェンダーは密接に関わっており、特に企業組織におけるジェンダーは旧態依然とした価値観に裏打ちされ、女性の活躍を阻む要因となっている。

トップダウンによる改革の断行

 女性が能力を発揮し活躍できる組織にするためには、企業において何が求められてくるかが問われてくる。重要なことはトップが、女性が活躍できる組織の必要性を十分理解して、真剣に取り組むことである。女性が活躍できる組織の実現には、それぞれの企業の文化、風土、歴史、特性など複雑な要素が絡んでくるが、まずはトップの確固たる決意のもと組織全体がその価値観を共有し、個々の職場や社員一人一人が、具体的実現のための方策をそれぞれの事情に合わせて策定し、仕組みや制度等をカスタマイズしていくことだ。さらに、単に仕組みや制度を変えるだけでなく、社員、特に男性社員に意識の変革が求められるだろう。男女雇用機会均等法の施工から30年近く経過しても、ほとんど変わっていない現実をみれば、実現がいかに困難で根深い問題をはらんでいるかが理解できると思う。ただここへきて、経営者の意識や認識に変化は現れつつある。講演などの際、10年前であれば私の話に対して苦笑する経営者や異論を唱える者も少なくなかったが、近年では得心する人が増えてきているのも事実である。

人それぞれに向き、不向きがある

 私は、女性すべてが社会進出してビジネスの現場で活躍すべきと主張しているわけではない。女性にせよ男性にせよ、人それぞれモノの考え方や感じ方は多様であり、誰でも「向き・不向き」がある。私が言いたいのは、社会で活躍したいと思う女性、そうした生き方が向いている女性が差別的待遇を受けることなく存分に活躍できる組織・環境を整える必要があるということだ。たとえば、男性にしても企業で働くのではなく、「専業主夫」として家庭に入った方が向いている人もいるはずである。たとえば女性が出産して退職すれば周囲は自然なことと受け止めるだろうが、「子供が生まれたので退職する」と男性が言えば、大半の人は違和感をもって捉えるのではないだろうか。ここにジェンダーの問題がある。性差に関わらずすべての人が、持てる能力を十分に発揮し正当に評価される社会であるべきと考えている。したがって、男性でも女性でも、専業主婦であることが自分に向いていて、生活上の支障もなく、その生き方に真の幸せや自己実現を感じることが出来るのであれば、それで何ら問題はない。

ダイバーシティは競争力になる

牛尾奈緒美教授 女性の能力が活かされない、女性が活躍できない状況というのは、大きな社会的損失である。マクロ的には、日本は人口減少社会に突入しており、それに応じて労働力人口も縮減していくとみられる。日本の経済成長、国力の維持のためには、女性の労働力は不可欠なものとなりつつある。ミクロ的な経済においても、女性の活躍は少なくないインパクトをもたらす。たとえば、男性とは異なる、女性のイノベイティブな考えやアイデアが商品開発等に反映され、競争力を向上させる可能性は大きい。
私はこのほど『女性リーダーを組織で育てる仕組み』というタイトルの本を上梓したが、安倍総理に推薦文を書いていただいた。その骨子は「ダイバーシティは企業の競争力になる」というもの。総理は経団連に対して、女性の管理職登用の促進を要請し、各企業に一人は女性役員を登用するような積極的な働きかけを行っており、女性の活躍推進に対する経営者側の意識も変わらざるを得ない状況にきている。女性が能力を十分に発揮して活躍できる組織・環境を整備することは、日本の未来を拓く重要課題であり、日本の未来のために避けては通れない必須のことなのだ。日本の未来は女性の力が変えていく――私は、そう確信している。

※掲載内容は2014年11月時点の情報です。

※M's Opinionの記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

プロフィール

牛尾 奈緒美

明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

研究分野
経営学、人的資源管理論、経営管理論、ジェンダー・マネジメント(企業における人材活用問題をジェンダーの視点から分析)
主な著書・論文
  • 『女性リーダーを組織で育てるしくみ』(共著・中央経済社・2014年)
  • 『ラーニング・リーダーシップ入門-―ダイバーシティで人と組織を伸ばす』(共著・日本経済新聞社・2011年)
  • 『女性の働き方』(共著・ミネルヴァ書房・2009年)
  • 『叢書:働くということ 第7巻女性の働き方』(共著・ミネルヴァ書房・2009年)
  • 『大学生の就職と採用』(共著:中央経済社・2004年)
  • 『ジェンダー・マネジメント』(共著・東洋経済新報社・2001年)ほか多数。
  • 元フジテレビアナウンサー

企業経営・組織の関連記事

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀
「東芝の不正会計」からガバナンスを再考する

2016.3.25

「東芝の不正会計」からガバナンスを再考する

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 小俣 光文
経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

2015.6.1

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

  • 明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 戸谷 圭子
アベノミクスと地方創生の中核企業 ―企業遺伝子経営のススメ―

2015.3.1

アベノミクスと地方創生の中核企業 ―企業遺伝子経営のススメ―

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科長 教授
  • 吉村 孝司
ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

2014.12.1

ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科長 教授
  • 青井 倫一

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年2月24日
【リバティアカデミー】2017年度春期講座の受講申込みを開始しました
2017年2月22日
2017年度入学式のお知らせ
2017年2月16日
仏大使館のコリオ文化参事官が来訪—留学促進、文化交流について意見交換
2017年2月15日
6県と「学生U・Iターン就職促進協定」を締結します
2017年2月10日
出陣式~就職活動直前セミナー~を開催しました
2017年2月09日
国際日本学部の留学生が中野区の観光ビデオに出演しました
2017年2月07日
明大生によるチーム「メイジスト」が日経TESTで1位を獲得
2017年2月23日
「倉橋由美子文学賞」「阿久悠作詞賞」の第8回受賞作が決定 2月28日、駿河台キャンパスで表彰式 ~課題曲提供の河口恭吾さんも出席し、大賞曲をお披露目~
2017年2月15日
国際日本学部 山脇ゼミ、中野区に住む外国人の家探し応援サイト「Living Together in Nakano」を立ち上げ
2017年2月10日
手技療法による痛みの軽減を 脳活動から評価する方法を開発
2017年2月09日
歴代りぼんの“ふろく”が大集結 「LOVE♥りぼん♥FUROKU」展を開催
2017年2月08日
情報コミュニケーション研究科フォーラム「日韓交流レクチャー公演」、2月24日に開催 ~韓国と日本の舞踊にみる“扇と布”~
2017年2月06日
離職中女性の復職応援イベント「『もう一度はたらく』を始めよう!」
2017年1月27日
【内藤ゼミ×南房総市】南房総市の魅力が詰まった物語本の出版に向けクラウドファンディングを実施中!
2017年2月23日
朝日新聞(2月23日朝刊)/「ヒト臓器 動物から作る」に、長嶋比呂志教授(農学部)のコメントが掲載されました
2017年2月23日
山形新聞(2月22日朝刊)/「解読×現代 欧米の概念『契約』浸透した?」に、重田園江教授(政治経済学部)のコメントが掲載されました
2017年2月23日
読売新聞(2月21日朝刊・大阪版)/凍結受精卵の無断移植についての記事に、石井美智子教授(法学部)のコメントが掲載されました
2017年2月23日
北海道新聞(2月20日朝刊)/「憲法はどこへ どう考えますか家族(5)」に、辻村みよ子教授(法科大学院)のコメントが掲載されました
2017年2月23日
AERA(2月20日号)/特集「地図の力 迷子の処方箋」に、藤田直晴教授(文学部)のコメントが掲載されました
2017年2月22日
直撃LIVEグッディ!(フジテレビ系列・2月22日放送)/東京都議会についての特集に、青山佾特任教授(ガバナンス研究科)が出演しました
2017年2月22日
サライ(2017年3月号)/特集「猫のことわざ」に、山口政信教授(法学部)による解説が掲載されました
2017年2月22日
2017年度入学式のお知らせ
2017年2月01日
【国際シンポジウム】New Directions in Pragmatic Research Synchronic and Diachronic Perspectives
2016年12月22日
2017年3月15日(水)に「鳥取国際メタンハイドレートフォーラム」を開催します。
2016年11月04日
第7回企画展 「『登戸』再発見—建物と地域から追う登戸研究所—」
2016年10月20日
2016年度卒業式のお知らせ

Meiji.netとは

新着記事

新聞広告連動企画「視点を変えてみれば、世の中もっと違うものが見えてくる」

著作権法と二次創作

日本に、オリンピック・ムーブメントは起きているか?

文化運動から捉え直す

「教育は唯一奪われないもの」パレスチナ難民の思いに応える

人気記事ランキング

1

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

加藤 久和

2

トランプ氏の勝利によって高まるhateの潮流にストップ!を

海野 素央

3

#3 次の世代を助けるために、高齢者にお願いする応能負担

加藤 久和

4

#2 少子化対策のための予算を増やそう!!

加藤 久和

5

#4 地方創生にも痛みがある 一人ひとりが痛みの覚悟をすべき時代

加藤 久和

Meiji.net注目キーワード

明治大学