明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。
opinion000_s

ノーベル賞の大隅先生のラボは自由と好奇心に溢れていた

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 吉本 光希

2016年のノーベル医学・生理学賞に日本の大隅良典氏が選ばれました。受賞理由は「オートファジー」と呼ばれる細胞の働きの分子機構を解明したことです。その研究成果は、アルツハイマー病やガンの治療にも活かされることが期待されています。また、こうした応用につながるベーシックサイエンスが、大隅氏のノーベル賞受賞をきっかけに注目されることも期待されています。

ラボでも偉ぶることがなかった、ノーベル賞受賞の大隅先生

吉本 光希 2001年、私が学位取得後、研究員として初めて就いたラボが、大隅先生のラボでした。大隅先生はとにかく気さくな先生で、当時、研究者の卵のような私たち若手にも偉ぶるというようなことがなく、対等に研究の話をしてくださいました。先生はお酒がお好きなので、ときには、仕事終りに研究室のミーティングテーブルで、研究員たちと一緒に飲むことがありましたが、そんなときも研究の話だけでなく、他愛もない話を楽しむなど、和気あいあいとしていて、いわゆる上司と部下というような人間関係はほとんどありませんでした。そのような大隅先生の人柄が反映されていたのか、当時のラボには10人くらいの研究員と学生がいましたが、先生の指示の下に各自が作業をするといった体制ではなく、各自が自由に独立的に研究をしていました。

もちろん、テーマはオートファジーなのですが、大隅先生は酵母の専門家で、ほかに、動物で研究している人や植物で研究している人がいるという、日本ではあまり見かけないユニークなラボでした。私自身は植物を専門にしていましたが、こういう環境で研究することはとても勉強になりました。というのは、酵母や動物を専門にしている研究者とは思考が微妙に異なっているのです。確かに、植物は酵母や動物に比べて育つのに時間がかかるので、研究の手法やスケジュール感が違うし、研究に対するスタンスも違ってきます。そのような研究者が身近にいると、互いに意外な視点を発見したり、異なる思考に触発されたりと、様々な影響を受け合うことができたのです。大隅先生が自分の考えを押しつけることなく、若手にも自由に研究させてくれたからこそ、そのようなラボになったのだと思います。先生ご自身は、素朴な疑問に対しても、とことんつきとめようとする研究者で、その姿勢を学べたことも、私にとっては非常に勉強になりました。ノーベル賞受賞者のラボに在籍できたことは、私の財産です。

オートファジーは生物のもつ巧みなシステム

オートファジーの過程
オートファジーの過程
 オートファジーとは、細胞内にある古くなって充分な機能を発揮できなくなったタンパク質やオルガネラ(細胞内小器官)を壊してアミノ酸にし、新たなタンパク質の合成に再利用するという細胞の働きです。細胞が活動する上で必要なタンパク質を自ら再生するという役割と、細胞内を浄化するという2つの役割があると考えられています。その仕組みは、まず細胞内に膜が現われ、その膜が古くなったタンパク質やオルガネラを取り囲み、そこに分解酵素をもった液胞(動物ではリソソーム)という小器官が融合することで、取り込まれたタンパク質やオルガネラが分解されてアミノ酸となり、新たなタンパク質を合成するために利用される、というシステムです。

細胞内にこうした仕組みがあるらしいということは、1960年代には知られていました。きっかけは、飢餓状態のマウスの細胞内に膜に包まれた小胞があり、その中に分解しかけのオルガネラやタンパク質が溜まっているのが発見されたことです。それはオートファジー(自食)と呼ばれるようになりましたが、その分子メカニズムはまったくわからず、研究は壁にぶつかった状態になりました。オートファジーという現象が確認されてから約半世紀を経て、その壁をブレイクスルーしたのが大隅先生です。

それでも、大隅先生もおっしゃっているように、まだオートファジーの仕組みのすべてが解明できたわけではありません。例えば、マウスを使いオートファジーを止める実験をすると、そのマウスは生後直後に死んでしまいます。その原因は、ミルクを吸えなくなるからです。おそらく、脳の細胞の中で浄化が行われないために不要物が溜まってしまい、そのために脳が正常に働けなくなるからだと考えられます。一方で、脳の細胞内だけでオートファジーを回復させてあげるとミルクを吸えるようになり生育できるようになりますが、様々な欠陥が生じ、早期に死に至ります。オートファジーが生命維持のためにとても重要な役割を担っていることは確かです。しかし、オートファジーが止まるとどうしてそのような機能欠損が生じるのかはまだ解明されていません。そして、それを解明するのは、生物のもつ巧みなシステムが起こすこうした現象に興味をもち、そのメカニズムを明らかにしたいと思う人の好奇心なのです。

疑問を解き明かしたいという気持ちが研究のモチベーション

吉本 光希 私は、植物のオートファジーを専門に研究しています。植物は動物と違って芽生えた場所から移動することができないので、様々な環境ストレスに適切に対応し、克服していくための機能をもっています。その機能のために、オートファジーのような分解系の仕組みは重要な役割を果たしているはずです。また、植物は光合成をおこなう独立栄養生物で、ほかの生き物とは一線を画している、まったく違う生物です。そこにも植物特異的なオートファジーの役割があると考えられます。こうした植物の特異性に、私は興味を惹かれました。

例えば、植物は自らの葉を枯らして、その栄養分を種子に流転させることで次の世代に命をつないでいく生き延び方をしていますが、その流転のシステムに、オートファジーが重要な役割を果していることを数年前につきとめました。ところが逆に、オートファジーを止めてみても、マウスのようにすぐに死んでしまうことはなく、その植物は生き続け、種子を作って世代を回すことさえできることが確認されました。これは、私たち研究者にとっても意外な結果でした。おそらく、植物は動けないからこそ、環境ストレスに適応するために、例えばオートファジーのようなひとつのシステムに頼るのではなく、複数のバックアップシステムを備えていることが考えられます。こうしたメカニズムを明らかにしたいという、ただ純粋な興味と好奇心が、私たちベーシックサイエンスにたずさわっている者の一番のモチベーションなのです。

ベーシックサイエンスは面白いし大切である

2009年頃、神奈川県にある大隅先生のご自宅前にて
2009年頃、神奈川県にある大隅先生のご自宅前にて
 大隅先生の研究の成果は、今後、様々な病気の治療に役立てられるといわれています。私はそちらの専門ではないので、はっきりとしたことは言えませんが、その可能性は高いだろうと思います。また、私が行っている植物の研究も、環境問題や食糧問題の解決の糸口につながっていく可能性があります。そうした応用への展開が、常に頭の片隅にありますが、しかし、日々の研究のモチベーションになっているのは、先に述べたように、素朴な疑問を解明したいという気持ちです。最初から応用や実用を目指して始まるわけではなく、疑問や興味から始まった研究が、結果として応用に展開され、私たちの生活レベルを上げることや、豊かさにつながっていくのです。

その意味で、大隅先生がノーベル賞を受賞され、ベーシックサイエンスに対する注目が上がっているのはうれしいことです。これをきっかけに、基礎科学の面白さや大切さの理解が深まってほしいと思います。そして、クラウドファンディングのようなシステムを利用して、一般の人も科学研究を積極的に応援するような社会になっていけば、日本もさらに科学レベルの高い、優れた国になっていくのではないかと思います。

※M's Opinionの記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

プロフィール

吉本 光希

明治大学 農学部 准教授

研究分野
植物分子細胞生物学・植物生理学
研究テーマ
植物の環境適応における細胞内自己分解系・オートファジーの分子機構とその役割の解明
主な著書・論文
  • "Organ-specific quality control of plant peroxisomes is mediated by autophagy.", J. Cell Sci. (2014)
  • "植物におけるオートファジーの意義と役割", 化学と生物 (2014)
  • "Beginning to understand autophagy, an intracellular self-degradation system in plants.", Plant Cell Physiol. (2012)
  • "Autophagy negatively regulates cell death by controlling NPR1-dependent salicylic acid signaling during senescence and the innate immune response in Arabidopsis.", Plant Cell (2009)
  • "Processing of ATG8s, ubiquitin-like proteins, and their deconjugation by ATG4s are essential for plant autophagy.", Plant Cell (2004)

環境・エネルギーの関連記事

先進の光計測技術を活かし、ディーゼルエンジンを進化させる

2016.11.2

先進の光計測技術を活かし、ディーゼルエンジンを進化させる

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 相澤 哲哉
原発訴訟の“ウラ側”から見えてくるもの

2016.5.27

原発訴訟の“ウラ側”から見えてくるもの

  • 明治大学 法科大学院 専任教授
  • 瀬木 比呂志
原発本格再稼働の前に正しい議論を

2015.10.5

原発本格再稼働の前に正しい議論を

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 勝田 忠広
自然エネルギーの開発に新たな視点の導入

2015.8.3

自然エネルギーの開発に新たな視点の導入

  • 明治大学 総合数理学部 現象数理学科 専任講師
  • 末松 J. 信彦

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年1月23日
明治大学体育会卓球部の丹羽孝希選手・酒井明日翔選手が男子ダブルスで日本一
2017年1月20日
「明治の“いま”がこの1冊に!」 季刊 広報誌『明治』第73号を発行
2017年1月20日
情報コミュニケーション学部 カリキュラム変更のお知らせ
2017年1月17日
明治大学がスポーツ功労団体として表彰されました
2017年1月17日
【理工学部】当舎勝次元教授が日本ばね学会功績賞を受賞しました
2017年1月16日
明治大学硬式野球部OBの星野仙一氏、故・郷司裕氏が野球殿堂入り
2017年1月16日
入学試験実施に伴うリバティタワー内事務取扱時間の変更について
2017年1月23日
大学をあげて学生の就職活動を応援「出陣式」を実施 ~「就職の明治」ならではの就職活動直前セミナー~
2017年1月23日
『国際武器移転史』第3号刊行 イスラム国への武器移転から戦間期軍縮交渉、16世紀の軍事行使権論まで 英語論文掲載開始・ウェブサイトにて無料公開中
2017年1月19日
震災復興支援センター 福島県新地町と震災復興に関する協定の更新 —1月25日(水)駿河台キャンパスで協定締結式実施-
2017年1月10日
日本での就職活動について考えよう! 外国人留学生向けOB・OG就職キャリアセミナー
2016年12月22日
総合数理学部 宮下芳明教授~手書きの図面で簡単に3Dプリントできる~3Dプリンタを開発
2016年12月21日
真核微細藻類ユーグレナを使った「バイオコハク酸」の生産に成功
2016年12月21日
国際武器移転史研究所研究叢書1 横井勝彦編『航空機産業と航空戦力の世界的転回』2016年12月刊行
2017年1月23日
情報ライブ ミヤネ屋(読売テレビ系列・1月23日放送)/トランプ米大統領就任演説についての特集に、海野素央教授(政治経済学部)がゲスト出演しました
2017年1月23日
産経新聞(1月22日朝刊)/トランプ米大統領就任演説についての記事に、海野素央教授(政治経済学部)による解説が掲載されました
2017年1月23日
東京新聞(1月22日朝刊)/アメリカのTPP離脱についての記事に、作山巧准教授(農学部)のコメントが掲載されました
2017年1月23日
産経新聞(1月22日朝刊・大阪版)/トランプ米大統領のスピーチの特徴を分析した記事に、海野素央教授(政治経済学部)のコメントが掲載されました
2017年1月23日
スポーツニッポン(1月21日)/トランプ米大統領の発言についての記事に、海野素央教授(政治経済学部)のコメントが掲載されました
2017年1月23日
WEDGE Infinity(1月20日付)/海野素央教授(政治経済学部)による記事「利益相反とトランプインターナショナルホテル」が掲載されました
2017年1月20日
Pedia News(1月20日付)/小沢聖特任教授(農場)へのインタビュー記事「IT/IoTが、農業と人・地域を日本から世界へつなぐ...明治大学小沢特任教授が語る、日本の農業の現状と未来の姿」が掲載されました
2017年1月19日
【富岡市連携事業】明治大学・クリスチャン・ポラック コレクション展 —資料が語る富岡製糸場の日仏交流—
2017年1月08日
ふくしま震災遺産保全プロジェクト「震災遺産とふくしまの経験 -暮らし・震災・暮らしー」を開催
2016年12月22日
2017年3月15日(水)に「鳥取国際メタンハイドレートフォーラム」を開催します。
2016年12月21日
古くて新しい錯視の世界 — わかっているのになぜ脳は迷走するのでしょうか —(※12月28日~1月4日は休館)
2016年12月20日
情報コミュニケーション研究科フォーラム「日韓交流レクチャー公演」開催のご案内
2016年12月12日
国際交流スタッフセミナー「EU化および離脱の兆しにみるドイツ行政法の憲法化と脱憲法化」開催(1月31日)のお知らせ
2016年11月04日
第7回企画展 「『登戸』再発見—建物と地域から追う登戸研究所—」

Meiji.netとは

新着記事

opinion123_s

トランプ氏の勝利によって高まるhateの潮流にストップ!を

opinion122_s

“問題発見力”が魅力あるものづくりにつながる

opinion000_s

ノーベル賞の大隅先生のラボは自由と好奇心に溢れていた

opinion119_s

移民の急激な受入れ、反民主主義体制のままではEUは瓦解の危機に直面する

trend2_6B

#6 子育ての悩みや不安の解決のために

人気記事ランキング

1

opinion100_s

NAFTAの経験から何を学ぶのか、TPPへの示唆

所 康弘

2

opinion46-s

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

加藤 久和

3

opinion09-s

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

安藏 伸治

4

opinion116_s

少年法適用年齢、引き下げて大丈夫ですか?

上野 正雄

5

opinion26-s

アベノミクスを斬る ―「三本の矢」は的を射るか、日本経済は再生す…

田中 秀明

Meiji.net注目キーワード

明治大学