明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

急速な円安と日銀の量的金融緩和策の弊害 ―バランスのとれた、柔軟な金融政策運営を―

  • 明治大学 商学部 教授
  • 打込 茂子

円安加速、日米の政策方向性の違いから

打込茂子教授 私たちの生活や企業活動などに影響する最近の急ピッチな円安には、二つの基本的な背景があります。一つは日本の貿易収支の大幅赤字と経常収支黒字の縮小。もう一つは日米の景気と金融政策の方向性の違いです。今回はとくに金融政策の方向性の違いが一段と鮮明になって円安が加速したと言えます。
アメリカは10月29日に、QE3(量的金融緩和政策第3弾)の終了を決定しました。ゼロ金利政策は「相当な期間」維持するが更なる資金供給は停止するというものでした。これに対し日本は2013年4月の異次元緩和に続いて、10月31日に”サプライズ緩和”と呼ばれる追加緩和を発表しました。日銀の ①資金供給量(マネタリーベース)の増加額を年間約80兆円に拡大(10~20兆円追加)②長期国債買い入れ額を年間約80兆円に増額(30兆円追加)③ETFとJ-REITの買い入れ増額・・・という内容ですが、わずか2日違いの対照的な政策表明となり、為替市場に大きなインパクトを与えました。
加えて、12月5日に発表されたアメリカの雇用統計が市場の予想を上回り、アメリカの景気好調⇒金利の前倒し引き上げ観測⇒先行き円安・・・という連想が進んだことも拍車をかけました。

円安の好影響弱まり、負の側面が目立つように

 円安は日本経済全体にとって好影響をもたらすとされていますが、最近ではそのプラス効果が弱まる一方で、弊害が目立つようになりました。まず、円安が進んでも輸出(数量)は以前よりも伸びなくなっています。その理由としては、自動車などを中心に生産拠点の海外移転が進んだこと、競争力の高い商品では収益改善を優先して円安でも現地での価格をあまり引下げなくなったこと、家電や情報通信機器などで競争力が低下していることなどが挙げられます。円安は輸出型の大手製造業の収益を改善させても、輸出主導の景気回復にはつながらず、一方で輸入品・原材料価格上昇から、輸入の多い内需型企業や中小企業、そして家計の負担は極めて大きくなっています。円安の恩恵と負担には偏りがあり、円安が進むほどその差は拡大します。しかも、対ドルの円相場で見られるよりも実質的な円安は進んでおり、円の総合的な価値を示す実質実効為替レート(国際決済銀行(BIS)算出)でみると、現在は過去40年で最も円安の水準にあります。
また、円安スピードが速すぎます。アベノミクスの起点となった2012年11月14日(党首討論で野田前首相が衆院解散を表明した日)の為替レート1㌦=79.90円に対し、今年8月時点では101~102円だったのが、秋以降の円安加速で12月には一時121円台となりました。為替変動への対応力をつけてきた日本企業もこの変化スピードには対応し切れないようです。

追加緩和は必要だったのか、金融政策に違和感

 円安を引き起こした日銀の追加緩和の理由は、原油安による物価上昇の鈍化です。日銀はデフレ脱却のための指標として消費者物価指数(生鮮食品・消費税の影響を除く)で「2%の物価上昇を2015年度にかけて達成する」というインフレ目標を掲げています。原油価格下落は目標達成には望ましくないと捉え、追加緩和に踏み切りました。”円安誘導がねらい”とは国際的配慮から言えませんが、追加緩和で円安になれば輸入品の価格上昇で原油安の影響を相殺できる、というロジックです。
確かにデフレ脱却は望まれますが、原油など輸入品価格の下落は景気に好影響を与え、やや長い目で見れば物価を押し上げる方向(デフレ脱却)に作用するはずです。そうした経済への好影響を減殺してまで2015年度インフレ目標達成にこだわる必要があったのかは疑問です。日本経済にとっては、そのまま原油安の恩恵を享受する方がベターではなかったか、日銀の政策運営に違和感を感じざるを得ません。しかも、11月27日にOPECが減産に合意できなかったことから、原油価格は急落し物価押し下げ圧力が増大しています。今後さらなる円安(⇒輸入物価押し上げ)へ向けて追加緩和策を発動し続けるのかと懸念します。

国債市場の流動性低下や財政規律の緩み心配・・・”出口”一段と難しく

 もう一つ、日銀による国債の大量購入は、別の大きな問題をはらんでいます。追加緩和で長期国債の買い入れ額は年間80兆円と、年度の財政赤字(=新規財源債発行額、40兆円前後)を大きく超える規模になっており、国債金利に低下圧力が大きくかかる一方で国債市場の流動性が低下するなど、市場に与える副作用が指摘されています。財政規律を弱め、財政再建を遅らせる惧れもあります。一部には、日銀の国債大量購入が、実質的な”財政ファイナンス”(日銀による財政赤字の補てん)にあたると指摘する声も出ています。
そして、追加緩和により日銀の資産規模が一段と拡大すると、デフレ脱却後の緩和策からの”出口戦略”がさらに難しくなります。日銀のマネタリーベースは2015年末に350兆円を突破し、GDP比でみると約7割に増大する見込みです。2割前後の欧米中銀と比較して突出しています。緩和が長引けばその度合いは一層拡大しますが、消費税増税延期によりその可能性は高まったとみられています。
出口政策は、市場に混乱を生じさせないように慎重に進める必要がありますが、追加緩和の結果、出口の終了(資産規模の正常化)までには相当の期間を要することになるでしょう。また、日銀が国債を買わなくなると、国債金利が大幅に上昇する可能性があります。これを避けるためにも、緩和終了時点までに財政再建を着実に進めておく必要があります。

柔軟な金融政策運営と成長戦略の推進を急ぐべき

打込茂子教授 こうした矛盾や弊害は、政策の行き詰まりを示すものと言わざるを得ません。ここはやはり、インフレ目標の修正・柔軟化など、日銀への信認を損なわない形での政策見直しが必要です。具体的には、①目標達成期間の長期化 ②他の指標も含めた総合的判断への移行・・・といったことが挙げられます。原油価格の大幅下落という、日銀の金融政策では制御できない事態を逆手にとって政策柔軟化に踏み出すべきでしょう。よりバランスのとれた金融政策の実行が必要です。
同時に、政府としても金融政策への依存から脱却し、”第三の矢”である成長戦略の推進、とくに大胆な規制緩和によって生産性、競争力を高め経済の活性化を図っていくことが求められます。

【補】日銀の量的緩和と国債購入:日本銀行の「量的金融緩和政策」は、日銀が市場から長期国債など金融資産の購入を拡大し、その代金支払いのかたちで資金供給量(マネタリーベース=流通現金+日銀当座預金)を増加させるもの。代金支払いの結果、日銀にある金融機関の当座預金残高が増加する。

※掲載内容は2014年12月時点の情報です。

※M's Opinionの記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

プロフィール

打込 茂子

明治大学 商学部 教授

研究分野
国際金融、金融
研究テーマ
国際資本移動と国際通貨・金融システム
学位
博士(商学)
主な著書・論文
  • 『変革期の国際金融システム-金融グローバル化の影響と政策対応』(単著・日本評論社・2003年)
  • 『アメリカの金融市場』(共著・東洋経済新報社・1982年)
  • 「金融規制・監督の新たな潮流-TBTF問題を中心に-」(明治大学社会科学研究所紀要・2012年)
  • 「中東欧の金融危機と外資系銀行」(明治大学商学研究所『明大商学論叢』・2011年)ほか多数。

経済政策・成長戦略の関連記事

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

2017.3.22

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

  • 明治大学 国際日本学部 専任講師
  • 金 ゼンマ
「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2017.3.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 池宮城 秀正
NAFTAの経験から何を学ぶのか、TPPへの示唆

2016.6.28

NAFTAの経験から何を学ぶのか、TPPへの示唆

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 所 康弘
日本の農業の将来を左右する制度の誕生

2016.3.1

日本の農業の将来を左右する制度の誕生

  • 明治大学 法科大学院 教授
  • 高倉 成男
軽減税率の思わぬ“余得”とは

2016.2.24

軽減税率の思わぬ“余得”とは

  • 明治大学 専門職大学院会計専門職研究科 教授
  • 沼田 博幸

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年3月26日
2016年度明治大学卒業式を挙行しました
2017年3月24日
駐日米国臨時代理大使が明治大学に来校 —学生によるキャンパスツアーも実施
2017年3月24日
【理工学部】電気電子生命学科井家上哲史教授がフェローの称号を授与されました
2017年3月21日
JMOOC講座「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」(無料)の受講を受付け中
2017年3月17日
京王線明大前駅の列車接近メロディーが明治大学校歌に —3月25日(土)始発から—
2017年3月17日
校友会熊本県支部と明大マンドリン倶楽部が熊本地震被災地で復興支援の特別演奏会を開催
2017年3月17日
KAKEHASHI Projectで学生23名がアメリカに派遣されました
2017年3月24日
国際武器移転史研究所研究叢書2 榎本珠良編『国際政治史における軍縮と軍備管理』2017年3月刊行
2017年3月23日
明治大学出版会 『知の橋懸(がか)り-能と教育をめぐって』 『アメリカ分裂-数字から読みとく大統領選挙』 『阿久悠 詞と人生』を刊行
2017年3月21日
国際日本学部 新講義科目がスタート、 2017年度より社会連携科目を開講 ~中野区、企業等と連携し、学生の主体的な学びを後押し~
2017年3月21日
《ラグビーシンポジウム》「ラグビーW杯2019に向けて -歴史的勝利の裏側と新たなステージへ-」4月1日、駿河台キャンパスにて開催
2017年3月17日
—3月25日(土)始発からー京王線明大前駅の列車接近メロディーが明治大学校歌に! ~京王沿線で校歌の導入は初!~
2017年3月15日
-貴重な“発禁本”の書誌目録-『明治大学図書館所蔵 城市郎文庫目録』出版記者会見を実施。3月28日、駿河台キャンパスにて
2017年2月23日
「倉橋由美子文芸賞」「阿久悠作詞賞」の第8回受賞作が決定 2月28日、駿河台キャンパスで表彰式 ~課題曲提供の河口恭吾さんも出席し、大賞曲をお披露目~
2017年3月27日
ZIP!(日本テレビ系列・3月29日放送予定)/「なーるほどマスカレッジ」のコーナーで、宮下芳明教授(総合数理学部)・秋山耀さん(理工学研究科博士前期1年)が開発した、手書き図面で造形できる3Dプリンタが紹介される予定です
2017年3月24日
首都圏ネットワーク(3月23日放送・NHK)/特集「農業に最新技術 “復興の力に”」で、小沢聖特任教授(農場)のコメントが放送されました
2017年3月23日
読売新聞(3月23日朝刊)/山脇啓造ゼミナール(国際日本学部)が作成した、中野区の外国人の家探しを応援するウェブサイト「Living Together in Nakano」が紹介されました
2017年3月23日
毎日新聞(3月23日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
東京新聞(3月22日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
朝日新聞(3月22日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
北海道新聞(3月21日朝刊)/札幌市で行われた講演会「憲法はどこへ−家族を考える」についての記事に、鈴木賢教授(法学部)の講演内容が紹介されました
2017年2月24日
【リバティアカデミー2017年度開講オープン講座】ラグビーW杯2019に向けて—歴史的勝利の裏側と新たなステージへ—
2017年2月22日
2017年度入学式のお知らせ
2017年2月20日
【株式会社明大サポート寄付講座】「長期投資の時代 ~金融制度改革の行方~」
2017年2月20日
【明治大学連合駿台会寄付講座】「世界の目、日本の目」~記者43年、何を見たか~
2017年2月20日
【明治大学校友会寄付講座】「強い自分をつくるマネジメント」~今こそ問われる心の在り方~
2017年2月20日
【和泉キャンパス公開講座】「アメリカらしさ」とは何かについて考える ~銃規制からトランプ氏勝利まで~
2017年2月20日
【生田キャンパス公開講座】自律移動型ロボットとネットワークロボットの現在と未来

Meiji.netとは

新着記事

#1 悪徳商法に泣き寝入りしない!消費者保護の法律を学ぼう!

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

コーポレート・ガバナンスと経営戦略との関係把握を目指して

ダイバーシティの根幹に触れるヒューマンライブラリーの取組み

人気記事ランキング

1

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

加藤 久和

2

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

金 ゼンマ

3

日本のものづくりの強みと弱み

富野 貴弘

4

「教育は唯一奪われないもの」パレスチナ難民の思いに応える

岸 磨貴子

5

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

池宮城 秀正

Meiji.net注目キーワード

明治大学